娘の顔が海老蔵に!!!

1ヶ月近く留守にすると、部屋が死んでいる。
なんとなく、生気が蘇るまでに2〜3日かかる、ような気がする。
昨日は娘が学校に行ってくれたので、ようやくひとりになって、
掃除機をかけたり布団を干したり、料理をしたりした。
窓を開けたり、火を使ったりしていると
だんだんと、部屋が生き返ってくる。

だけど、留守中の家でも生きているやつらがいた。
まずはベランダのどじょうくんたち。
ヘドロ色になった水槽のなかで、なんとか生き延びていた。
これは、アッパレ!
それから、やっかいなヤツら、ダニ!!
うちではダニーくんと呼んでいる。
姿を見たことはないが、ときどき主に娘の身体に実在の痕跡を残す。
布団を洗ったり干したり掃除機をかけたり、ローズマリーのオイルをたらしたり、
いろいろやってるけど、どこかで繁殖しているのか、根絶できない。
畳が古いからか? 布団も全部変えなくちゃだめか?

で、東京に戻って一晩寝て起きたら、娘がダニーにやられていた。
両手に10カ所。かゆくてたまらんようだ。
顔にもさされたか? 目の下に傷のような跡がついている。
もう! ダニーめ! 
またまた布団を洗って、掃除機かけて、大騒ぎ。
顔と手にはヴェレダのカレンデュラクリームを塗った。
たいていいつもこれで治るから。
が、次の日の朝、左目の下が赤くなっていた。
あれ? どうしたのかな?
手のかゆみもどんどんひどくなっていく。
それでも学校に行って、元気に遊んでいたし、
保健の先生も「新潟の疲れが出たのかもねえ」なんて言ってたので、
私も夜早めに寝て休めば治るんじゃないか?とたかをくくっていた。
が、今朝起きたら、娘の顔は六本木で殴られた海老蔵のように
無惨に赤く腫れ上がっていた。手のかゆみもピーク。
これはヤバい。ああ、昨日医者に行けばよかった、と思ったが後の祭り。
本人はすっかり学校に行く気になってるし、
医者の予約が10時過ぎだったので、とりあえず学校に行かせた。
さっき医者に行って来たら、
「お母さん! なんでこんなになるまで連れてこなかったの!」と怒られた。
「もう少ししてたら手術で顔に傷つけることになったかもしれないよ!
学校に行ってる場合じゃないよ。薬飲んで安静にしてないと大変だよ!」と。
とりあえず、抗生剤と消炎剤と抗アレルギー剤をその場で飲んで、
家で保冷剤を当てて安静にすることに。
なんでしょう? 菌が入っちゃったんですね。ダニーの菌かな?
抵抗力が低下してたのかもしれないですね。
やっぱりひきこもりの代償でしょうかね?

せっかく学校に行く気になってくれたってのに、
まったくもって、どうにもこうにも、神様っていじわる!

で、うちには海老蔵がいる。
写真をのせたいけど、さすがにショッキングな映像なので、自粛しておきます。

母はショートステイ先から毎日電話をかけてくる。
なんとかやっている様子。
個室だし、あったかいし、ご飯はおいしいし。
いいじゃんか。
[PR]
by momeco | 2010-11-30 13:27 | むすめ


<< 父は退院。娘は登校。いい天気。 ふたたび保健室 >>