チョコレートフッカース

さてさて、娘の顔はどうなったかというと、
腫れはひきました。熱ももうないようです。
でも、赤い。というより赤黒い。
ピンクのほっぺならかわいいけれど、
どっちかっていうと、安田大サーカスのヒロくんのほっぺの色。
目の周りも赤黒くて、まるでレッサーパンダちゃん。
元通りになるまでには1ヶ月以上かかるでしょうと言われました。
恐ろしいですね〜。
子どもだからすぐきれいになるでしょうけれど、
大人だったら悲惨です。

私が思うに、1ヶ月近く家にこもってたから、
彼女の内側に何かが溜まっていたのでしょうね。
それがこういう形で出て来たと。そう思います。
医者はアレルギーの検査をしろだの、薬を飲めだの言いますが、
なんか、精神的なもの、のような気がするのです。

今日も保健室に登校したけど、
自分からちゃんと学校に行っているし、
図工や体育や理科の実験なんかは出てるみたい。
帰ってきてから、友達との会話とか楽しそうに教えてくれる。
私からは何も言うことなし。聞いてるだけ。でも楽しい。

おしゃべりしながら今日はモロッコのお菓子、フッカースをふたりで作った。
ビスケットを粉々にして、アーモンドを切り刻み、
バターとチョコレートを溶かして混ぜて固めるだけ。
根気づよく最後まで一緒に作れた。
いつの間にか娘の顔はチョコレートだらけだったけど。
なんか、こんな感じで大丈夫だなって思えました、まる。
[PR]
by momeco | 2010-12-07 20:36


<< いくら丼 父は退院。娘は登校。いい天気。 >>