おたまじゃくし

いい天気です。
ニュースを見なければ、悪いことなんて何もなかったかのようです。
あ、でも、さっきまた揺れた。。。
地震嫌いの私も最近は(やっと)慣れてきた。
こんなことに慣れちゃいけないのかもしれないけど。

さて、娘さん、新学期が始まったけど、まともに学校に行けません。
クラス替えはなかったけど、担任の先生は変わったので、
それを警戒してのことでしょうか?
なんにしろかんにしろ、これ以上学校に行けないと、
友達関係とか、勉強もそうとう遅れてるし、
本人ますます困るような状況になるような気がします。
かといって、無理矢理行かせることもできないし。。
ああ、もったいないなあ。
すごくいいところがいっぱいある子なんだけど。。
どうしたらいいんだろうか。

今の小学校には情緒障害の子のための通級クラスがあります。
ふだんは普通クラスに行って、週に2回ほど特別学級に通うことができます。
養護の先生のすすめもあって、その学級に娘と一緒に見学にいきました。
学校の敷地内に併設されているんだけど、
設備もきれいで整っていて、何よりも楽しそうな雰囲気。
早速、娘は遊具で遊んだり庭でカエルをつかまえたりして大はしゃぎ。
ここでは、「心理的な安定」とか「人間関係の形成」とかを中心に、
ひとりひとりの発達に応じて学習がすすめられます。
集団でピシピシ動けないうちの娘には合ってるのかもしれない。
何より学校の中にあるし、娘も私も安心だし。
入れてほしい! そう思ったのですが、
そこはやはり、小学校といえども公立なので
お役所の決まりに従わねばなりません。
まず教育委員会に電話、申し込み、審査、決定となるわけですが、
なんだか知らないけど、次の審査が7月なんだそうだ。
だから行けるとしても夏休み明けからだって。
遅い! なんだってそんなに時間がかかるのさ!
しかも、医者の診断書が必要とかで、何かと大変。
でも、娘にとっていいことなら、母はやります、やります。

で、肝心の娘、特別学級に行くことに
最初は絶対的抵抗を示していたけれど、
見学したら、けっこう楽しそうなので行きたい気分になってきた。
でも、やっぱりそこは4年生の女子です。
「恥ずかしい」「バカだと思われるのがいやだ」と言っています。
それは正直なことだと思う。
娘にはきちんと説明して納得してもらわなくちゃ意味がない。
果たしてどうなることやら。

a0160758_15341427.jpg

オタマジャクシはカエルになるんだよ。
きっとなれるよ。ね。
[PR]
by momeco | 2011-04-14 15:38 | むすめ


<< 週末ガーデニング お花見 >>