らっきょう

小さいときは食べられなかったのに、
大人になったら大好きになったもの。
ベスト1は「らっきょう」。
カレーの日には必ず食卓にのぼったあのにくいやつ。
そのままでも十分にクサいけれど、
ひとたび人の口に入ってしゃきしゃきすると、
さらに恐ろしいクサい息となって私を攻撃する。
らっきょうを食べているお母さんやお父さんは
はっきり言って大嫌いだった。
この世にらっきょうがなければいいとさえ思っていた。
それが、何がどうしてどうなったのか、
47歳の私はらっきょうが大、大、大好き。
やっぱりカレーの日にはらっきょうの甘酢漬けがなくちゃ始まらない。
買い置きがなかったら走って買いに行くほどだもん。
今年は自分でらっきょう漬けに挑戦した。

材料
らっきょう   1キロ
酢(私は大麦黒酢と有機米酢を半々) 3カップ
てんさい糖   1カップ
鷹の爪     3本

つくり方

1ホーロー鍋に酢と砂糖を入れて火にかける。
 砂糖が溶けたら火を止めて冷ましておく。

2らっきょうをきれいに洗う。
a0160758_16303593.jpg

 ひげ根と青芽を取る。

3煮沸した瓶に1と2と鷹の爪を入れて終わり。
a0160758_16325741.jpg

1ヶ月後が楽しみ〜〜〜。

娘はらっきょうを食べてる私が大っ嫌いだそうです、笑。
[PR]
by momeco | 2011-05-27 16:34 | 日常


<< 座骨神経痛 地デジ >>