妄想むすめ

娘はよく「ボーッ」としていることがある。
着替えてる途中で裸のまま「ボー」、
ご飯を食べながらお箸をくわえたまま「ボー」、
布団の中でも目をあけたまま「ボー」。
そういうときに話しかけるとまったく返事をしてくれない。
無視してるのか、聞こえないのか?と思っていけけど、
最近になって、こう言うようになった。
「妄想中だから邪魔しないで!」
ああー、そうだったんだ! 妄想してたのね。
妄想大好きなんだって。時間があるときはいつも妄想していたい。
家にいるときは好きな時間に好きなだけ妄想している、そんな日々。

まあ妄想ばかりでは身体がなまってしまうので、たまには運動しないとね、
ということでまたまた行ってきた。
アイススケートと回転寿しアット六本木ミッドタウン。
今回はホームスクーラー仲間のMくんとKくんと一緒。
やっぱり友達と行くと盛り上がるー。
a0160758_18265112.jpg

ほっぺを真っ赤にしながらぐるぐる回る。
Mくんもすぐに滑れるようになって、ふたりでじゃれながら楽しそう。
その後はお楽しみの回転寿し。
子供達も大人も気分があがるー!! そこで、
Mくんが「ねえ、どうして学校に行かなくなった?」って娘にさらりと聞いていた。
M「僕はね、学校ってなんでも時間で決められてるでしょ。あれが嫌だったんだ」
娘「うちは、眠いのに寝れないのが嫌だったー」
え? そんな理由かい!? 笑
Mくんの弟Kくんに「保健室で寝ればいいじゃん」と突っ込まれてた。
娘「保健室もいいんだけどー、熱とか測られちゃうでしょー」笑。
なんかわかんないけど、こういう会話って新鮮だなあと思った。
学校の友達に聞かれたら違うニュアンスだっただろうし、
そもそもあんまりそういうことは話題にならなかったりするし。
MくんとKくんと娘はまるでずっと前から(ずっとずっといにしえの昔から)
よおく知ってる友達、とても親密な関係のように見えた。
それから、あくまでもマイペースなこの人たちによって、ミッドタウンのおしゃれなロビーは我が家状態になってしまった。
上着を脱ぎ、靴を脱ぎ、寝っころがってくつろぐ三人。
なんだろう、この心地よさ。
また来ようね、六本木。
a0160758_1965720.jpg

帰り道「ねえ、今度いつMくんに会えるの?」と娘。
やっぱりね。もう会いたくなった? 
[PR]
by momeco | 2012-01-29 19:13 | 日常


<< フリマ アフレコ >>