社会科見学とハダカの粘土職人

地震にめっぽう弱い私と、けっこう平気な娘。
ナイスな組み合せです。
ここのところ、また震度3とか続いたので心臓がキューッと痛くなる。
携帯の緊急地震警報の音がほんとに怖い。
あの音を聞くと去年の不安が一気に押し寄せてくる。
たぶんそういう人は多いと思う。
私は携帯とダウンジャケットふたり分を持って「どうしよどうしよ」ってうろうろして、テレビのニュースを何度も何度も見てしまう。
娘は「ママ、大丈夫だから、落ち着いて、ね」って。
よかったよ、こんな娘で、ほんとによかった。
地震のあった翌日、急な仕事の打ち合わせが入って、午前中だけだったのでいつもだったら娘ひとりで留守番させるところだったけど、
「もしひとりでいるときに地震がきたら、あの警報が鳴ったら」と考えると不安で不安で。
で、結局娘を連れて行くことにした。
まあ、ホームスクーラーですから、社会科見学といったところでしょうか。
そうは言っても娘は見学なんてつまんないものに興味なしなので、会議室の端で鼻唄をうたいながらDSをやっているだけ。ときどきその鼻唄が大きくなるので、「ボリューム下げてー」って言わなくちゃなんないんだけど……。
2時間で終わる予定が4時間かかって、しかも、午後から急に別の打ち合わせも入ってしまったので、そのまま夕方までずっと一緒だった。
娘はどこにいてもマイペースで好きなことをしていれば飽きないので、同伴していても意外と大丈夫だということが判明。
まあ、仕事先の方達は「なんだ?」と思う方もいたでしょうけれど、アグネス論争(古い?)する気もないので、さらりと「ちょっと隅にいさせてください」ですませてきた。
結果的には、地震はなかったけれど、長時間になってしまったし、もし家にひとりで留守番させていたら不安になって午後の仕事は断っていたかもしれない。
だから、よかったよかったってことで。
娘は私の仕事を見てどう思ったかな?
いや、見てなかったな。DSしてるときはポケモンの世界の住人だから、現実のことには興味がないようだし。
また連れて行ってみようかな。

その晩から、娘が急に粘土職人になった。
PCでアニメ動画(「結界士」とかいうの)を見ながら、次々といろんな作品を作っていく。
動画見ながらよくできるよなーと思うけど、そういえばいつもテレビを見ながら絵を描いたり、漫画を読みながらゲームをしたりしてるので、「ながらの達人」なのだ。

a0160758_12315718.jpg

ハートのオルゴール

a0160758_12322380.jpg

UFOキャッチャー

a0160758_12324543.jpg

スカイツリー

a0160758_12333192.jpg

ピサの斜塔

a0160758_1234353.jpg

太陽のレリーフ

お風呂に入った後もハダカのまま(!)でずっと作り続けてたので、私は先に就寝。朝起きたらいっぱい作品が増えていて笑っちゃった。
a0160758_12354751.jpg


とことん、やり続けるんだよねー。
とことん、とことん。それがこの子のいいところ!
[PR]
by momeco | 2012-03-17 12:51 | 日常


<< 手芸熱 特別支援クラスの面談 >>