2011年 09月 11日 ( 2 )

9.11

10年前の今日、自分が何を思ったか、今でもよおく覚えてる。
ちょうど娘がおなかの中にいて、もう8ヶ月くらいだったかな、
体調もあまりよくなくて、不安がいっぱいで、だけどすごく楽しみで。。
そんなときに信じられない映像がテレビから飛び出してきた。
それは妊娠後期の妊婦にはあまりにも衝撃的なものだった。
人生最大級に保守的な気持ちになってる時だよ。
ちょっとしたことで感傷的になったり、不安になる日々の中で、
生まれて初めて見たうそみたいな恐ろしい現実。
もうこれは、世界が終わっちゃうかもしれないなって思った。
少なくとも今日明日にも戦争が起きるだろうと、
悲しみと憎しみが世界を覆い尽くしていくんじゃないかと、
ドキドキして、絶望的になった。
だけど、その一方、たとえ世界がどうなろうと、
とにかくお腹の中の人を私はどうにかしなくちゃなって感じてた。
価値観が、全部入れ替わった瞬間。
命がすごくもろいものだってことと、
それでも私は命を産むんだなってこと。
世界ってそれだけだ。それ以外なんてどうってことない。
そんな瞬間に産まれてきた子どもには、きっと強い使命があるんだろうな。
そういえば、私は48年前の新潟大地震のときに産まれた。
あのときも、新潟の街が壊滅するような大地震だった。
私は何の使命を持って産まれてきたんだろうか。
なんか、そんなことを思っちゃったりする。
東北大震災からちょうど半年だし。
黙祷を。心から黙祷をささげます。
[PR]
by momeco | 2011-09-11 23:03 | 日常

ねずみ王国のハロウィン

早いもので9月も10日過ぎまして……。
先週は学校の開講記念日で平日に学校の休みがあったので、
娘の友達と一緒にディズニーランドへ。
a0160758_227338.jpg

ハロウィンの全身仮装OKの日だったので、
自前のキャラクターがいっぱいいてなかなか楽しめた。
この人たちも一般人。チケット売り場からこんな人がいっぱい!
テンションあがるー!
そうそう、去年のことを思い出した。
ハロウィンで猫の仮装をしていった娘が入り口で
「メイクは禁止です」といって止められた。
鼻を黒くしてひげを描いただけなんだけどね。
何が禁止とか、仮装してもいい日とダメな日とか、
メイク、かぶりもの、おなかを見せちゃだめとか、
意外といろいろ制約があるんだよ、驚いちゃった。
こんなねずみ王国にはまったく興味のない私だけど、
26年前のプレオープンのときからもう何度目の来園かしら。
デートとかで来てもまるで萌えない場所なんだけどな、ワタシ的には。
娘がいなかったらぜーんぜん来なくてもよかった場所だけど、
まあ、こうやって来てみると、コスプレのお姉さんとか、
キラキラのイルミネーションとかにはちょっと心ときめいたりする。
娘は行列に並ぶのが大嫌いで、今までアトラクションには興味なし。
ただ、そこにいるだけで楽しくて、このねずみ世界の一員になりきって、
歌ったりくるくる踊りまわったりしてれば楽しい子だったんだけど、
今回は学校の友達と来たってこともあって、ちょっとお姉さんぽい行動。
ビッグサンダーマウンテン、スペースマウンテン、スプラッシュマウンテンと、
マウンテンものを制覇! 
平日だったので、30分くらいでみんな乗れたからねー。
噂どおりやっぱり外国人がほとんどいない……。
来ないよね、こんな国。TDLは液状化で沈んだと思われてるんだろうね。
放射能もいっぱいふりそそいているし……
夢見る少女時代が終わった娘たちは、パレードもショウもまったく見ずに、
アトラクションばかりに燃えていたのでした。
ママたちは歩き過ぎでもうへとへと。まさに「足が棒」という状態に。
でもまあ、天気も最髙によかった(暑かった!)し、
子どもたちはすっごく楽しかったみたいだから、何より何より。。。
[PR]
by momeco | 2011-09-11 22:36 | 日常