2011年 11月 26日 ( 1 )

家事は心の安定剤

「家事」というのが案外好き。
ちっとも得意じゃないんだけど……。
部屋もきちんと整理できてないし、
料理もろくなものが作れない。
だけど、掃除機をかけたり、ぞうきんがけしたり、
玄米をコトコト炊いたり、お漬け物を作ったり、発酵食品を育てたり、
なんか、そういうことをしてると落ち着く。
掃除機をかけてるときと、ぞうきんがけをしてるときが、
いちばん脳が活動する。仕事の案件、子育ての段取り、
いろんな滞ってることをこういうときに考えると
案外といい考えが浮かんでくる。
そんで、部屋もすっきり、心の中もすっきりするというわけ。
料理をしてるときは、逆に何も考えない。
ただひたすらに野菜を切ったり、味付けを考えたりしてるので、
嫌なことや悩んでることをほわわわ〜〜んと忘れることができる。
たいてい呑みながら料理してるので、食べたらもう眠くなっちゃうし。。
だから、2〜3日外出が続くと、家の中がぐちゃぐちゃで、
ごはんもインスタントになっていって、
何もかもがうまくまわらなくなって、心身ともに疲れてきちゃう。
つくづく「おうち」が好きなんだわー、私。
お勤めしてるときはどうしてたんだっけ?忘れちゃったな。
とにかく、こうやってPCの前に座ってたり、本をやたらと読んだり、
テレビやツイッターであふれる情報に触れてるときは、
なーんにも自分で考えられないし、どんどんバカになって不安になってくなと思う。
「煮詰まったら、家事に没頭する」
これが私のやり方、かな。
[PR]
by momeco | 2011-11-26 11:26 | 日常