2012年 04月 17日 ( 1 )

ゲシュタルトの祈り

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。
私は何もあなたの期待に応えるためにこの世に生きているわけじゃない。
そして、あなたも私の期待に応えるためにこの世にいるわけじゃない。
私は私。あなたはあなた。
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

      ……「ゲシュタルトの祈り」より

子供に対してだけじゃなく、どんな人に対しても、
ついジャッジしたり、先回りして応えたり、抑え込もうとしそうになったとき、
逆に、自分がジャッジされたり抑圧されて落ち込んでしまいそうなとき、
この言葉を心にとめておこう。
忘れちゃいそうになったらここに戻って来ようと思う。

a0160758_184476.jpg

[PR]
by momeco | 2012-04-17 18:04