カテゴリ:むすめ( 62 )

熱!

娘が熱を出して学校を休んだ。
堂々と休めるので、うれしそう。
夕べは39度近く上がってたのに、今朝になったらケロっとしてる。
熱も平熱。しまったなあ、学校行けたなあ。

暇にまかせて工作に没頭。
なぜか人形の家、完成。
a0160758_17224454.jpg

a0160758_1723964.jpg


しかし、すぐに破壊され、
a0160758_17234648.jpg


占拠され、
a0160758_17241690.jpg


覗かれた。
a0160758_17243828.jpg


ああ、動画ってどうやってアップすればいいの〜??
[PR]
by momeco | 2011-02-21 17:24 | むすめ

GPS内臓

むすめの入っている劇団の大学生がこんなこと言ってました。
あ、そうなのか、と。

えらんはマジで賢いと思います。本人にも言ったんだけど『そんなことないよー』って言ってました。
彼女には身体の中にGPSが入っていて、地図を見なくとも、道を教えられなくとも、自分で正解のルートを飛んでいく鳥みたいなやつだと思います。
そういう人間の前には「レールを敷いてあげる」という今の学校教育は無意味です。人間にとって一番大事な身体が、最強なんです。身体が賢いです。
『これは育てるの大変だよな・・・』と思いましたが、えらんママも変な人と聞いたのでとても安心したのを覚えています。これがもし教育ママ〜みたいな雰囲気だったらえらんは大人が嫌いになっていたでしょう。

[PR]
by momeco | 2011-02-16 21:47 | むすめ

雪雪ふれふれ

降りました。積もりました、雪。
夕べ寝る頃にボサボサ降ってたので、
今すぐにも「外に行きたい」という娘を必死に抑え、
「じゃあ5時に起こしてね」と言うので、
ほんとに5時に起こしたけれど、もちろん起きるわけもなく、
いつもの時間より10分くらい早く起きた娘は
登校前にすでに雪まみれになってしまったのでした。
a0160758_1073282.jpg


学校に着くまでもずーっと雪合戦です。
うれしくってしょうがないよね。
雪遊びもせずに淡々と登校する他の子どもたちのほうが
私にとっては不思議に思える。

学校の校庭は人工芝なので、きれいに雪が残っていた。
あの雪で、みんな遊ぶんだろうか? それとも寒いし冷たいしってんで
遊んだりしないんだろうか?
子ども達はクールで、大人の言うことをよくきいて、
学校に行って勉強して、塾に行って、習い事をして、
きちんとした大人になっていくんでしょうね。
娘はそういう事をなぜしなくちゃいけないのかがわからない。
「なぜ?」がわかればやると思うんだけれど。。
彼女を納得させられる答えは誰も教えてくれない。
わからないからやらない、そしたら怒られる。
「集団が合わないのかもね」と2年の時の担任に言われた。
そうなのだ。集団でみなと揃えることがとても苦手なのだ。
人付き合いは苦手じゃないし、友達も大好きなんだけどね。
「私は私」。それはとってもいいところだからさ、
だけど、「わがまま」「自分勝手」と紙一重。
日本じゃ生きにくいだろうねえ。
まあ、がんばろーぜ! かーちゃんもがんばるぜ!
a0160758_10243054.jpg

[PR]
by momeco | 2011-02-15 10:24 | むすめ

不登校ふたたび

平和だった冬休みが終わった。
またまた不登校との戦いの日々が始まりました。
始業の日から2日間、みんなの登校時間より5〜10分ほど
遅れてだけど、それでもなんとか登校。
当然のように保健室に直行。
書き初めとか、図工とか、そういう授業には出ている模様。
そして、3日目。
また行けなかった。
前の晩、布団の中で「明日は行かない」という。
理由を聞いても「言いたくない」。
「ママは味方だから何でも言って」というと、
「今までママが味方してくれたことなんかない!」
と言われてしまった。
あららら……。
休んでいる日はたいてい本を読んでいる。
私も仕事で手が離せないので、ほったらかしになる。
ずーっと家にこもりきりで動かないので、かなり不健康だ。
お昼は気分転換に外食することにした。
たまには真面目な話をしよう。
「あなたは将来なにになりたいの?」
「うんとね、芸術家。絵を描くのじゃなくて、彫刻とかなんか、
なんだかわからないものを作るのがいいなあ」
「なるほどね。いいね。でもそれでどうやってお金を稼ぐの?」
「ママ〜、夢を壊さないでよねー。
じゃあ、グラビアアイドルにしようかな」
「あ、それいいね」
「冗談だよ。ママ、バカじゃないの」
「昨日、下校するとき、集団下校だったのにYちゃんと帰ろうとして
K先生に怒られたんだって?」
「なんで知ってんの!? こわ! あたしにはプライバシーはないのか!」
「何がプライバシーじゃ! 殺人事件の犯人が捕まってないから
集団下校することになってるのよ。先生言ってたでしょ?」
「聞いてないもん。知らなかったもん」
「だいたい人の話を聞いてないのよね。
ママの話も90%は聞いてないでしょ?」
「ママの話はわざと無視してんの。
他の人の話は、うちはよく想像の世界にいるから聞こえなくなるの」
「そうだよね、どこか遠くの世界にいるよね、あなたは。とほほ」
ったく、いつになったらこっちの世界に来てくれるのかねえ。
今日は、これでも会話になった日でした。
あといろいろ話したけど、
「うちは、友達のことで嫌なことがあったらママに言うけど、
先生のことは絶対に言わない」って言うのが気になった。
なんでって聞いたら
「ママはぺらぺら喋るから、先生に伝わって、結局うちが
怒られるもん」だって。
それっておかしいよなー。
そんな風に子どもを責める先生っているかなー。
どんどん先生に対する不信感がつのる私。
とりあえず、4月になったら先生が変わるからそれまでは
保健室に通うんだそうだ。
まあ、それでいいんじゃないか。
君を信じるよ。
[PR]
by momeco | 2011-01-13 20:53 | むすめ

毎週金曜日はカウンセリング〜

娘さん、先週は月曜日から水曜日まで元気に登校した。
学校から帰ってもすぐに友達と遊びにいき、
「お、いける?」って感じだった。
でも、木曜日、朝起きられない。疲れ切ってる。
それでもなんとか保健室に行った。
学校から帰ってきた娘はいきなり大泣きに泣いた。
理由は「言いたくない」というのでほっといたけど、
どうやら担任の先生に怒られたらしい。
(先生は怒ったつもりはないらしいけれど)
それで、金曜日から今日まで、またまた学校から足が遠のいてる。
私は毎週金曜日は学校のカウンセリングの先生に相談してる。
母はそこで思いっきりしゃべりまくって、楽になってる。
担任への文句も、自分のダメさ加減も、なんでもぶっちゃける。
娘もこんなふうに話をすることができれば楽になるんだろうなあ。

「ママ、なんでうちはみんなと同じにできないんだろう」
って、そんなこと、9歳で思い悩むなんて大変だろうなあ。
生きにくいのかね?

昨日は個人面談だった。
担任は、娘に言った言葉を覚えていなかった。
一生懸命いいわけを繰り返す。
特別扱いしてあげています、と繰り返した。
ぜんぜんうれしくなかった。

先生って選べないから、むずかしいよね。
ベテランの先生なら尚の事、「それは変ですよ」なんて言えないし。
とにかく、「長い目で見てください」とだけ
お願いしてきた。
[PR]
by momeco | 2010-12-14 10:08 | むすめ

娘の顔が海老蔵に!!!

1ヶ月近く留守にすると、部屋が死んでいる。
なんとなく、生気が蘇るまでに2〜3日かかる、ような気がする。
昨日は娘が学校に行ってくれたので、ようやくひとりになって、
掃除機をかけたり布団を干したり、料理をしたりした。
窓を開けたり、火を使ったりしていると
だんだんと、部屋が生き返ってくる。

だけど、留守中の家でも生きているやつらがいた。
まずはベランダのどじょうくんたち。
ヘドロ色になった水槽のなかで、なんとか生き延びていた。
これは、アッパレ!
それから、やっかいなヤツら、ダニ!!
うちではダニーくんと呼んでいる。
姿を見たことはないが、ときどき主に娘の身体に実在の痕跡を残す。
布団を洗ったり干したり掃除機をかけたり、ローズマリーのオイルをたらしたり、
いろいろやってるけど、どこかで繁殖しているのか、根絶できない。
畳が古いからか? 布団も全部変えなくちゃだめか?

で、東京に戻って一晩寝て起きたら、娘がダニーにやられていた。
両手に10カ所。かゆくてたまらんようだ。
顔にもさされたか? 目の下に傷のような跡がついている。
もう! ダニーめ! 
またまた布団を洗って、掃除機かけて、大騒ぎ。
顔と手にはヴェレダのカレンデュラクリームを塗った。
たいていいつもこれで治るから。
が、次の日の朝、左目の下が赤くなっていた。
あれ? どうしたのかな?
手のかゆみもどんどんひどくなっていく。
それでも学校に行って、元気に遊んでいたし、
保健の先生も「新潟の疲れが出たのかもねえ」なんて言ってたので、
私も夜早めに寝て休めば治るんじゃないか?とたかをくくっていた。
が、今朝起きたら、娘の顔は六本木で殴られた海老蔵のように
無惨に赤く腫れ上がっていた。手のかゆみもピーク。
これはヤバい。ああ、昨日医者に行けばよかった、と思ったが後の祭り。
本人はすっかり学校に行く気になってるし、
医者の予約が10時過ぎだったので、とりあえず学校に行かせた。
さっき医者に行って来たら、
「お母さん! なんでこんなになるまで連れてこなかったの!」と怒られた。
「もう少ししてたら手術で顔に傷つけることになったかもしれないよ!
学校に行ってる場合じゃないよ。薬飲んで安静にしてないと大変だよ!」と。
とりあえず、抗生剤と消炎剤と抗アレルギー剤をその場で飲んで、
家で保冷剤を当てて安静にすることに。
なんでしょう? 菌が入っちゃったんですね。ダニーの菌かな?
抵抗力が低下してたのかもしれないですね。
やっぱりひきこもりの代償でしょうかね?

せっかく学校に行く気になってくれたってのに、
まったくもって、どうにもこうにも、神様っていじわる!

で、うちには海老蔵がいる。
写真をのせたいけど、さすがにショッキングな映像なので、自粛しておきます。

母はショートステイ先から毎日電話をかけてくる。
なんとかやっている様子。
個室だし、あったかいし、ご飯はおいしいし。
いいじゃんか。
[PR]
by momeco | 2010-11-30 13:27 | むすめ

誕生日

授業はでないけど、イベントには参加するちゃっかり型の不登校娘。
金曜日は全校お楽しみ会のような「子供祭り」にしっかり参加。
この日は娘の9歳の誕生日なので
夜はパパの家で食事会をした。
9歳かあ、たった9年しか生きてないのに、いろいろあるもんだね。
私たちは娘のおかげで濃い~9年を送れたよ。
これからどうなるんだろうね。楽しみだったり心配だったり。
娘の人生の主役は娘自身だから、自分で決めていくんだよ。
私たちは見てるだけ。柱の陰からそっとね。

月曜日は「喉が痛い」と言って休み。
今日は校外学習っていうか、遠足だよね、
3、4年生合同でフィールドアスレチックへ。
こういうときは朝だってちゃーんと起きれるんだから。
お弁当のリクエストは肉だんご! おかずは全部肉だんごにして!だって。
おやつは少な目。
「太ったからダイエットする」らしい。
天気もいいし、私も久々に気分がいいぞ!
さあ、やることがいっぱいあるよ。
[PR]
by momeco | 2010-11-02 09:28 | むすめ

朝、なんとか家を出たものの、今日も登校途中で足が止まり、
1時間ほど、説得したりなんだりで路上でがんばったけど、だめだった。
なんだか、このままずーっと行けないんじゃないかと
ものすごく不安になる。
たぶん私の不安が伝わってるんだろうな。
今日の娘はおとなしい。
気になりつつも、
私は私でたまってる自分の仕事を淡々とすすめる。
午後から登校できるという娘の言葉を信じて、
でも、やっぱり裏切られて、……そこでキレちゃった。
何もかも台無し。哀しい。だめだなあ、あたし。泣。

夕方学校に行って相談する。
保健の先生の言葉が身にしみる。
今彼女は心が弱くなってるから、待ってあげてほしいって。
そうなんだ。わかる。よくわかる。泣。

夜、明日は学校に行くというむすめと、図工の時間に使うための
いろいろなものを用意する。図工大好きだから。
箱、きれいな布、紙、ビーズ、いっぱい、いっぱい。
とっておきのレースもボタンも惜しみなくあげるよ。

おふとんに入っておやすみを言うときに、
「明日も行けるかどうかわからない」と哀しく言うむすめ。
「いいよ、行けたら行こう」
「ありがとう、ママ、ありがとう」

今日は一日中泣いてた……。
[PR]
by momeco | 2010-10-25 23:37 | むすめ

不登校週間

今週はめちゃめちゃだった。
水曜日も、やっぱりだめ。
朝は起きてご飯も食べて着替えるけれど、そこから先は
その場から動かず。
もう全身で「拒否!」。
今日も行かないんだろうな。もう3日目。家から出てない。
引きこもり? それはいやだなあ。私も煮詰まってきたし。
ってわけで、近所の公園に散歩に行く事に。
いつもは自転車で行くところだけど、歩いて。運動しなくちゃ。
小雨が降ってたけどやっぱり外は気分がいい。
娘はどんぐり拾いに夢中。
a0160758_10185367.jpg


機嫌はいいんだよなあ、娘。落ち込んでるのは私だけ。
なんなんだろう?

木曜日、今日も登校しようとしない。
さすがに少し責めてみた。
すると「うちの願いはただひとつなんだよ」と娘。
「ママとパパと3人で前みたいに仲良く暮らしたいの」
だって。うわ〜〜。
なんだか問題のすり替えっていうか、私の痛いところをつく作戦だなというのは
みえみえだったけど、一応のっかってみた。
「そうかあ。でもそれだけは出来ないのよ、ごめんね」
と言いながら泣きながらふたりで抱擁。
で、パパが休日なのを思い出して、連絡して3人で会うことに。
今日だけはケンカせずに過ごそう。娘のためだ。うん。
会ってから30分もしないうちに、娘は言った。
「ママ、この人と別れて正解」
なんなんだ。すごい女だ。振り回されっぱなしだ。
でもこの日、パパに娘の状況をいろいろ話せて私の荷が少し軽くなったのは確か。
男の人の目線って大事だなと思う。
娘も「明日はぜったいに学校に行く」と約束。

金曜日。支度して登校しようとしたものの
「やっぱり怖い」
でもね、このままだとずーっと行けなくなっちゃうよ。
少し力ずくで外まで連れ出す。途中までひっぱって行ったけど、
力じゃもう勝てないんだよね。振りほどかれて逃げられた。
家の前でとにかく説得を続ける。
で、結局わたしも一日一緒にいるっていう約束で保健室登校。
まあ、大いなる一歩ということにしておこう。
[PR]
by momeco | 2010-10-23 10:41 | むすめ

行かない

昨日、今日と学校にいけない娘。
怒らずにつきあってる。今のところはね。
娘は粘土で遊んだり本を読んだり、ひとり遊びをしてる。
どうしたものか。
[PR]
by momeco | 2010-10-19 15:51 | むすめ