<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

チョコレートフッカース

さてさて、娘の顔はどうなったかというと、
腫れはひきました。熱ももうないようです。
でも、赤い。というより赤黒い。
ピンクのほっぺならかわいいけれど、
どっちかっていうと、安田大サーカスのヒロくんのほっぺの色。
目の周りも赤黒くて、まるでレッサーパンダちゃん。
元通りになるまでには1ヶ月以上かかるでしょうと言われました。
恐ろしいですね〜。
子どもだからすぐきれいになるでしょうけれど、
大人だったら悲惨です。

私が思うに、1ヶ月近く家にこもってたから、
彼女の内側に何かが溜まっていたのでしょうね。
それがこういう形で出て来たと。そう思います。
医者はアレルギーの検査をしろだの、薬を飲めだの言いますが、
なんか、精神的なもの、のような気がするのです。

今日も保健室に登校したけど、
自分からちゃんと学校に行っているし、
図工や体育や理科の実験なんかは出てるみたい。
帰ってきてから、友達との会話とか楽しそうに教えてくれる。
私からは何も言うことなし。聞いてるだけ。でも楽しい。

おしゃべりしながら今日はモロッコのお菓子、フッカースをふたりで作った。
ビスケットを粉々にして、アーモンドを切り刻み、
バターとチョコレートを溶かして混ぜて固めるだけ。
根気づよく最後まで一緒に作れた。
いつの間にか娘の顔はチョコレートだらけだったけど。
なんか、こんな感じで大丈夫だなって思えました、まる。
[PR]
by momeco | 2010-12-07 20:36

父は退院。娘は登校。いい天気。

あったかいな〜。12月? ほんとに?
娘が今日から無事に(保健室に)登校したので、
1ヶ月半ぶりにジムに行って来た。
せっかく身体年齢がマイナス10歳だったのになあ、
きっとすっかり元に戻ってるだろうなあ。
なんだか身体もダルダルだし、肌もシワシワになった。
ああ、寄る年なみには勝てない。
ここで敗北宣言して、自然に老化に身を委ねるか、
アンチエイジング(もう死語?)に投資するか……。
悩みどころだな。
ねえ、どうする? 

父が退院した。
ほんとはもう1週間いたほうが完全に傷が治ると言われたそうだが、
母のこともあるので、退院してきたようだ。
まあ、歩けるようだし、内臓は元気だし、
まだボケてはないようだから、大丈夫でしょう。
明日には母もショートステイから戻るらしい。
また夫婦で、ゆるゆると暮らしてゆくでしょう。

最近、佐野洋子にハマっている。
11月に他界してしまったけど、
ほんと、私の好きな潔くかっちょいいオバサンたちは、
池田晶子もそうだけど、やけにあっさりと、すっきり死んで行く。
ガンになってよろこんでたもんなあ。
「ガンは死ねる病気だからいい。」って佐野洋子は言っていた。
他に苦しくて大変だけど死ねない病気がいっぱいあるもんね。
たしかに、たしかに。
でもね、死んじゃうともう本書けないでしょ。
私なんか、絵本以外の佐野さんの本、みんな読んじゃったよ。
池田さんの本も読んじゃったよ。
つまんないじゃーん。
やっぱりね、おばさんになるとおばさんの言葉ってしみるのよねえ。
さ、しょうがねえ、仕事でもしよっと。
[PR]
by momeco | 2010-12-06 14:25 | 日常