<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2番目じゃだめなんです

昔、何人かに言われたっけな。
「2番目に好きな人と結婚したほうが幸せになれる」って。
つまり、一番好きな人と結婚すると好きすぎちゃって、
自分を押し込めちゃって幸せになれないよってことらしいんだけど、
果たしてそうだろうか? なんでだかずっと気になってること。
バツ2の私ごときが言うことでもないけれど、
やっぱり「一番好きじゃなくちゃだめ」だと思います。
そりゃ好きで好きで好き過ぎて嫉妬に狂ったり、
嫌われないように無理しちゃったりもするかもしれないけど、
それこそが人を向上させるってもんでしょ。
好きな人のためなら実力以上にがんばれるってところが素敵じゃんか。
それに、結婚して何年も何年も経ってごらんよ。
最初の頃のときめきが薄れたときに何が残るっていったら
本当に好きだったときのばかみたいな熱情とか、かわいかった恥じらいとか
愛憎いりみだれて混乱した時代なんかを経て、野を越え山を越え、
ふたりで同じ景色を見られるということの幸せなんじゃないですか!
え!? まあ、私は2回とも野も山も超えられなかったわけだけど。。
なんでこんなことを思い出したかというと、
先日飲み会でとあるママ友が、中学生男子を持つ母に向かって、
「子どもの将来はね、一番好きなことを仕事に選ばせちゃだめよ」
ってなことを力説してたから。
彼女は絵を描くのが好きで本当はイラストレーターになりたかったのだけれど、
いろんな制約があるとか経済的な問題で、グラフィックデザイナーの道を選んだ。
それはそれで素敵なことじゃないの。それは「2番目」っていうのと違う気がするんだけど、
だけど酔っぱらってたのと、更年期障害で苛ついてる私は彼女にかみついた
私「なによお〜!いっちばん好きなことやらないでどうすんのよ!」
ママ友「だめよ、一番好きなことやって失望すると傷ついちゃうわ」
私「いっちばん好きなことが出来てれば失敗したって壁にぶちあたったって、失望なんてしないわよ。若者の夢をつぶさないでよぉ〜〜」
ママ友「ううん、イラストレーターで成功するなんてほんの一握りよ。スポンサーがいなくちゃ生活できないわ」
私「てやんでー。その一握りを目指したっていいじゃねーか! スポンサーなんて今どき誰もついてやしねーよ、バブル時代じゃあるまいし! たとえ収入がなくてバイトで生活費稼いだりしてたとしても、好きなことをやったほうがいいのよ〜〜〜!」

まあ、酔っぱらいの戯れ言なんだけど、
なんか、昔からそんなこと言う人っていっぱいいたなあって思う。
だから、こんな国になっちゃってんじゃないでしょうか。
「一番好きなのは自然エネルギーだけど、理想だけじゃ食っていけないから
2番目に安全な原子力発電にしちゃいましょう」みたいな。
安全じゃないし!

a0160758_16222255.jpg

フィーちゃんはとっても人なつこいんです〜〜。


a0160758_16225940.jpg

可愛いお客さんがきましたよ。
[PR]
by momeco | 2011-06-29 16:27 | 日常

更年期障害

なんだかね~、イライラするんです。
ちょっとしたことでムカっとして、
ワナワナと震えるほど腹がたったり、
急にドキドキと動悸が激しくなったり、
足の裏が暑くて暑くて何度も洗ってるし、
夜中に汗だくで目がさめたり、
これは完全に更年期障害だろうなって確信してる。
来たなー!って感じ。
まあ、自覚しつつ、付き合っていくしかないかなぁ。
鬱にならないようにしなくっちゃな!

で、娘はというと、毎日朝早くから起きて
いろんなことやっている。
ネイルに凝ってみたり、
ミシンでリカちゃんのスカートを作ったり
今は漫画イラスト描きにハマっている。
部屋がクサくなったり散らかったりして
イラっとする(苦笑)。
a0160758_1620286.jpg

[PR]
by momeco | 2011-06-27 15:06 | 日常

ホームエデュケーションへ

じとじとしたり、ザッと降ったり、カーッと日が照ったり、
まるで梅雨時期の空模様そのもののような我が家の日々です。
今はとても落ち着いています。
週末、とあるフリースクールが開催する
「登校拒否を考える会」というのに参加してきた。
よかったよー、ほんとに行ってよかった。涙。
我が子の不登校に悩む親御さん(おじいちゃんもいた)が何人も来ていて、
それぞれにいろんな気持ちを抱えていて、
それでも子どものことをひたすら想って、ここへ来た人たち。
主宰の奥地圭子さんも、スタッフの方もみーんな自分の子どもの不登校、
あるいは自分自身が不登校の経験をしてきた人たちばかり。
3時間以上もみんなで思い思いの気持ちを語り合って、
すごく、すごく、考えさせられた。
子どもの年齢は小学生から中学生。不登校の原因はさまざま。
いじめや先生の対応、それにうちのようなよくわからないパターンの人も多い。
先生の対応や、親の対応もいろいろで、子どものみならず、親自信が傷ついている人も。
父親が不登校を認めずに、今も子どもに対して厳しい態度であるという家庭も多かった。
そういう状況だと、子どもはどこにも安心できる場所がなくて、
摂食障害や自傷行為など自分自身を責めてしまうしかなくなることなど。
逆に父親はすんなりと認めているけど、母親のほうが納得できずに不安になっている人もいた。
そういう意味ではうちは私さえ腹をくくればいいわけなので恵まれているかもなあ。なんて。
奥地さんのアドバイスは一貫して「子どもの気持ちに立つ」ということ。
何をしても否定しない。その子自信を認めること。
大人の価値観で子どもを見ないということだった。
学校に行かずに家でどのように過ごすかについての話合いには、
実際にフリースクールの指導員をしている方がアドバイスをくれる。
うちもそうだけど、やっぱりみんなが学校に行っている時間は
テレビやゲームなどはやらせないようにしている家庭がほとんどだった。
だけど、それじゃあだめだとのこと。
大事なのは「劣等感や罪悪感を持たずに不登校すること」だから。
まったく自由にやりたいことをやる(命にかかわること以外はなんでもOK)。
何もやりたくなければやらなくてもよし。やらない自由ももちろんあり。
そこで何をしようがしていまいが、その子であることには変わりなく、
その子の存在そのものを家族が認めることで、子どもも自分を認めることができる。
そんなお話だった。
もっと具体的なこれからのことのアドバイスもたくさんもらえた。
とにかく、私の考えていたことは半分は同じだったけど、
まだまだ大人の価値観で娘を見ていたなと思った。
最後に話された孫の不登校に戸惑っているおじいちゃんの発言はすごかった。
「戦後の大変な時代に学べないのにみんな必死に学んで生きてきた。
不登校だなんて、ふざけんな! 甘えてんじゃない!
辛いこともがんばって乗り越えてこそ、人生はいいものになるんだ。
みとめましょうだ? 見守りましょうだあ? ふざけんなだよ!」と話は止まらない。
孫には直接言えないのだそうだ。孫を傷つけるなと奥さんや娘に止められていて、ぐっと我慢している。
だからここにきて不登校の子どもの気持ちを勉強しようとしている。
奥地さんの著書も何冊も読んだのだという。考える会に来るのも2回目。
だけど、やっぱり「ふざけんな!」と思ってしまうんだと。
奥地さんは「お孫さんに直接言ってみなくちゃ何も始まらないですよ」と言っていた。
私はその場ではそのくそじじいに腹が立って仕方がなかった。
そんな話はもうさんざん自分も考えて迷って、人からもさんざん言われてきたこと。
じじい! 頭が堅いんだよ! と叫びたかった。
だけど、家に帰る道々ゆるりと考えた。
おじいちゃんも闘ってる。知らん顔していてもいいことなのに。
可愛い孫のために、自分の価値観と闘ってるんだなあって。
こういう頑固な人が本当に心から認めてあげられたら、強いだろうなって思う。
燃えていた頭がすーっと冷えた。心がやわらかくなった。

その晩、娘とお風呂に入りながら話をした。
そうして我が家は「学校には行かなくていい」(もちろん行ってもいい)ということになった。
娘は「ママ、ありがとう」と言って笑った。

月曜日、養護の先生に話した。
病院の先生の対応のこと。診断書はもらったけれど、
私はこの診断書は娘のことじゃないと思ってるので提出したくない。
支援クラスの申し込みはやめます。登校刺激ももうしないでほしい、などなど。
先生は娘のことをとてもわかってくれていて、
私のことも心配してくれて、とても複雑な心境だと言ってくれた。
「でも、確かに毎日保健室にしかいられなくて本読みだけするなら、
家にいたほうがもっとリラックスできるんだろうなとは思っていました。
敏感な子だから、保健室にいても罪悪感がたまっていたと思う。
このところどんどん態度もよくなくて、友達にもつっけんどんで、
先生の目も見ないようになっていたので心配でした」と。
そうなんです。その通りなんです。
今後は週に1回は私だけは顔を出して必要な用事は済ます。
健康診断や行事には出られたら出る。
私のスクールカウンセリングは続ける。。などなど話して帰る。
最後まで先生は「待ってる」って「大好きだから」って言ってくれた。
その後電話で、支援クラスのコーディネーターの先生が
「そういう選択もありだと思う」と言ってたと聞いて、とてもうれしくなった。

火曜日、教育委員会に支援クラスの申し込みを取り下げる電話をした。
これで、ようやくすっきりした。
よかったと思う。
「なんか違うな。。」と思う方向へどんどん流されて行きそうだったから。
立ち止まれて、流れを停止できて、本当によかったと思う。

フリースクールも検討中だけれど、とりあえず夏だし!
家でゆっくりとホームエデュケーションすることにした。
この先どうなっていくかはわからないけど、
そういうことに我が家は決めました。

原発もついでに止められるといいなあと思うんですけど……。
[PR]
by momeco | 2011-06-22 14:23 | むすめ

間違いでした

グラグラ揺れている。
地震じゃなくて、私のこころが。
娘のために何がいいのか、考えに考えてるつもりが、
やっぱりなんだか方向が間違ってるような気がしてならない。
なんだかんだ言って、娘のことを思ってやっていたとしても
そもそも「学校に行く」ことがやっぱり前提で、
行かなくてもいいよ、と言いながら、
行けたら「すごい」「えらい」って言うことは、
やっぱり行けないことを否定することになるわけで、
娘を否定することになるわけで……。
情緒障害の支援クラスに通えるように、
ここのところ、私も先生方もいろいろがんばっているんだけれど、
なんだか、病院に通ったり、脳波検査や心理テストをやったり、
それらすべてが娘を傷つけているんじゃないかと気づいた。
いや、気づきつつも流れにのって止められなかった。
一昨日、大学病院のこころの心療科の児童精神科医の医者の態度に、
心底がっかりして、やっと目が覚めた。
大学病院の先生ってなんでみんなああなんだろう。
あの先生をすすめてくれた学校の先生にも不信感持っちゃう。
支援クラスに入れれば娘にとっていいことだって思い込んでいたけど、
ちゃんと本人の気持ちを確認していなかった。
ただ、「きっと楽しいよ」「先生もやさしいよ」なんて言ってごまかしてこちらの都合のいいように通って欲しかったから無理に盛り上げてた。
よく考えてみたら最初から娘は「いやだ」「恥ずかしいから行きたくない」って言ってたんだった。
その気持ちを無視して、恥ずかしいなんて言っちゃいけないとか、アホくさい大人の言い分を押し付けてた。娘の感想はそりゃ当然のもので、それをなんで受け入れてあげなかったのか。
そうだ、もう一度確認しよう。ここで間違ったら、本当に娘の気持ちを踏みにじってしまうかもしれない。
さっき、ふたりでゆっくりとお風呂に入りながら、気持ちを聞いた。
「うん。あのクラスには入りたくない。でもブランコはやりたいんだよな〜」だって。
あっはっは。さすがだよ!そういうところがサイコーなんだよ、キミは。
ちょっと今日、私はまた娘のおかげでレベルアップしましたよ。
知らないうちに染み付いたくだらない大人の価値観ってやつにたくさん気づいたよ。
精神科医も、臨床心理士も、なんだかお偉い先生も、ほんっとにカンケーないね。
何年かかったっていいよ。しっかりと自分で考えて生きたいようにいけばいい。
さ、これから、どういう風に進んでいこうか。
なんだか楽しみになってきた。
こんなに自由な親子ってあんましいないと思う。
[PR]
by momeco | 2011-06-19 23:28 | むすめ

このままでいいよ

犬も猫もインコも人間も、それぞれ個体差がある。
ひとつとして同じものなんてないんだからすごいと思う。
ちょっと人と違うからといって否定されるべきじゃないよね。
成長の早さやアンバランスさは個性として見れば
いろんなパターンがあって当然なんじゃないかしらん。
娘は小さい頃は手をつなぐのが大嫌いで、
いつだって自分の思い通りに自由に動いていたかった人。
公園なら自由奔放で生き生きと遊びまわってかっこよかったけど、
道路では車にひかれそうだったし、毎日迷子になるから、
とにかくいつも追いかけまわさなくちゃいけなかった。
ちゃんとママと手をつないで一緒に歩いてる子どもが信じられなかったもん。
それが、ここにきて、今ごろになって、娘はやたらと手をつなぎたがる。
いつもいつも隣にべったりとくっついていっときも離れようとしない。
正直うっとうしいときもあるけど、やっと並んで歩ける嬉しさの方が大きい。
成長の順番が、ちょっと人と違うだけで、まあ、トータルでみたら一緒なんじゃないだろうか。
娘には娘の人生のやり方があって、
日本のバカげた管理教育の枠にははまらないけれど、別にだからって人格を否定されることなんかないわけで。
学校に行かなくても、母子家庭でも、ビンボーでも、
それでもこんなに楽しく生きてるぜって、
あたしって最高だよって思っていいと思うわけよ。
だからみなさん、娘に学校に行こうって言わなくていいです。
行きたくなったら自分で行きますから。
行かなくていいよと言っても行くときゃ行くような人ですから。
なが~い目で見てやってください。
今のままの娘も最高に楽しいし、ね!
[PR]
by momeco | 2011-06-15 23:52 | むすめ

「もしも」が来たら

震災から3ヶ月経ちました。
まだまだ東北地方では余震が続いています。
本日ふくいちくん(福島第一原発のことね)から
白い煙がもうもうと出ているとのことです。
2号機の二重扉も開けられたそうです。
本日の風向きによると関東地方はかなり危険だと思います。
娘は「今日は不登校」と言っているので、それでよしとします。
さっき、図書館までふたりでマスクして本を借りに行ってきました。
「どうしたの?」「風邪ひいちゃった?」と
いろんな人に言われました。
なかなか「放射性物質がとんでます」とは言えないものです。
変な世の中です。
4号機の建屋が徐々に傾いていってるそうです。
次に大きな余震が来て倒れたら……。
4号機には使用済み燃料も含めて一番いっぱい燃料棒が入っていて、
いまにも崩れ落ちそな勢いだそうです。
最悪の事態が起きるかもしれません。さて、どうしますか?
「もしも」のときには私は何を選択するべきかしら。
幸いにして我が家はフットワークが軽いので、
おそらくデイパック2個くらいに荷物をつめて、
マーブルとフィーちゃんは外へ逃がして、
娘とふたりで手に手を取って、
飛行機か新幹線に乗って、西へ、南へ、または北へと移動することでしょう。
だけど、どこまで行けば安全なのでしょうか?
もはや日本中に安全なところなどないかもしれません。
自分たちだけが助かりたいわけでもありませんし。
それでも目に見えないものだから、誰も何も言いません。
怖がったりパニックになったりするのはみっともなく恥ずかしいから?
そして、5年後10年後、知らないうちに(知らん顔してるうちに)
子ども達に大変なことが起こってしまうんじゃないかしら。
新聞やテレビには本当のことは出てないからね。
大人の言うことはあんまり信用しなくていいからね。
「もしも」のときには、
やっぱり迷わず娘を連れて逃げようと私は思う。
そのときが来ないことを祈りつつ、今はできることをやろう。
んんー、でもやっぱり仲間はほしいなあ……。

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-608.html
[PR]
by momeco | 2011-06-14 12:49 | 原発

新しい家族

ムシムシじめじめしてますなー。
我が家ではカビや虫との戦いの火ぶたが切って落とされた!

とか行ってる場合ではなかった。
先週の娘さんはひどかった。
ほとんど学校に行けませんでした。
ま、いっか、私も仕事なくて暇だし。とほほ。

というわけで、ふたりで図書館に行ったり、お菓子を作ったり、手芸をしたり、
一足早い夏休みのような(いや、本当はそんなお気楽なもんじゃないけど)
日々を過ごした。

友達の家に赤ちゃん猫が来たので見に行った。
a0160758_1065159.jpg

マロンちゃん。ノラ猫の赤ちゃんなのにすっごく人なつこい。
小さくてふにゃふにゃのフワフワで、たまりませーん。。

金曜日は朝からアスレチックに行った。
そういうときは支度も早い。自分からテキパキ準備する。
a0160758_10171276.jpg

危険な遊びばかり好む。
着替え持ってきてよかった。
a0160758_10182582.jpg

海女とかになればいいんじゃないだろうか?

帰り道、公園の池で釣りをしている人たちがいて
興味津々に近づいて、ちゃっかりとやらせてもらう。
リタイヤしたおじいちゃんたち、すっごく優しいの。
a0160758_10201132.jpg

小ちゃい釣り竿に小ちゃいしかけ。何が釣れるの?
a0160758_10251825.jpg

タナゴでした。タナゴ釣りって面白い。
私もちょっとやらせてもらった。

そしてそして、土曜日は新しい家族が増えました。
セキセイインコのフィーちゃん。
a0160758_10275611.jpg

ようこそ。我が家へ。
まだ1ヶ月のヒナさんです。
朝昼晩とご飯をあげねばなりません。
a0160758_10285449.jpg

「絶対に自分でお世話するから」ということなので、
あたしゃ、どうなっても知らないわよ。
マーブルが一日中ガン見してる。こわいよー。
[PR]
by momeco | 2011-06-13 10:33 | むすめ

ベランダー

梅雨の合間の晴れの日。
なんか、学校行かないで化粧してる小学4年生がいるけど、
無視して、掃除、掃除。
風呂場のカビ取りして、床のぞうきんがけして、
ベランダにも水を撒いてデッキブラシでゴシゴシ!
放射性物質は水拭きでけっこう除去出来るのだそうです。
なもんで、最近は毎日拭き掃除。
マーブルの抜け毛もすごいので、ちょうどいい。
ベランダのきゅうりもでっかくなってきました。
トマトもほんのり色づいてきて、うれしー。
a0160758_11155814.jpg

[PR]
by momeco | 2011-06-09 11:16 | 日常

そういえば日曜日

アップしたつもりが忘れてた。
週末、温泉&海に行ってきた。
娘の親友ピースちゃんも一緒なのでるんるん旅行。
a0160758_1121399.jpg

すごい! 梅雨とは思えない青い空! 海!

娘の一番の目的はこれ!
a0160758_1135064.jpg


温泉で海の幸をいただいて。
次の日はピースちゃんと海!!
a0160758_1154988.jpg


楽しかったね!!!
[PR]
by momeco | 2011-06-09 11:06 | 日常

なんにもない水曜日

玄関ドアとベランダの窓を開け放つとパーッと風が部屋を吹き抜けて
なんとも言えず気持ちがいい。
掃除機をかけていると、隣の部屋からタバコの匂いが漂ってくる。
禁煙してからもう14ヶ月。
最近はタバコの香りがちょっとクサいと思うようになってしまった。
でもね、隣のご主人ってすごい男前でがっしりしてもろ私の好みのタイプ。
毎日顔を合わせてるし、いつも気持ちよく挨拶してくれて、
だから「あ〜、あのご主人が吸ってるのね」と思うと全然クサくないのよね。
そういうもんだよ、世の中は。わははは。
うちのマンションは古くてボロくていろいろ不便だけれど、
嫌な住人がひとりもいないという稀な素敵なマンションです。
地主のおじいちゃんは1階に住んでいてたぶん100歳超えてると思うけど、
毎日おしゃれしてひとりで歩いて出かけます。
時速50メートルくらいのスピードで、笑。
管理人のおばさんは住人みんなと仲良しで、楽しそうに井戸端会議をしています。
日中に家にいる人も多く、年寄りから私のようなフリー稼業の人も多いようで、
うちの娘が平日にウロウロしてても、みんなやさしいんです。

さて、今日も娘は学校に行きません。
保健室の先生が6年生の宿泊体験授業に付き添いで留守なので、
代わりの臨時の先生が来ています。
「すごくやさしいんだけど……、いろいろねえ」という理由で。
ま、いいや。保健室でものびのびできないのなら家にいればいいよ。
明日は情緒教育学級の先生が見てくれる日なので、行くのかなあ?
「行きたくないなあ。別に楽しくないし」
あれ?見学に行ったときは楽しかったはずなのになあ。
その後2回ほど特別に見てもらったんだけど、やっぱりだめってこと?
そこでも窮屈な思いをするんだとしたらまったく行く意味ないな。
ここはちょっと先生に相談。。電話した。
どうやら、先生はゲームをしたり工作をしたりと
いろいろと考えてやってくれたみたいだけど、
それらは娘にとってはたいして面白くなかったみたい。
もっと体を使って、がんがんに遊ばせてもらえるようにお願いした。
娘のやりたいことを聞いてもらえるように。
そこで主張しなくちゃね。そこでは言っていいんだからね。

教室には給食の時間にたまに行くくらいの娘だけど、
やっぱり自分の教室は4年1組だってことには変わりないわけで。
昨日は席かえがあったらしいんだけど、帰るなり悲しい顔で
「先生はうちのこと空席みたいに扱うんだよ」と言って泣いた。
どういう事情なのかはわからないし、先生にも悪気はないのだろうけど、
十分に傷ついたことには違いない。
そうやって、どんどん教室から学校から遠のいて行くのかな。
先生にはわからないだろうね。「どうしてなんでしょうね?」
前の先生もそう言っていた。
自分の態度や言葉が傷つけているとは思ってもいない。
まあ、そもそも集団生活が苦手だから仕方がない。

いいんだよ。そのままで、大丈夫だから。

さあ、今日はクッキーを焼こう。
a0160758_1313173.jpg

にゃんこクッキーだよ。マーブルもいるよ。
a0160758_13132146.jpg

[PR]
by momeco | 2011-06-08 13:13 | 日常