<   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

新潟へ

実家の夏祭りの手伝いに、新潟へ4泊5日の帰省。
今回は海や温泉にも行くぞー!ということで
JRのレール&レンタカーで行った。
これって切符も割引になるし、けっこうお得だと思う。
実家はまあヨボヨボの両親がなんとか支え合って暮らしてる。
小さい神社なので、祭りの準備は家族でやるしかない。
兄のところの甥っ子たちが中3と高3になっていて、
しっかりと働き手としてばりばりやっている。
よかったなー、おじいちゃん、うれしそう。
娘はまだまだ役に立たないけれど、従兄弟のお兄ちゃんに会えるのが
何よりもうれしい。従兄弟って、なんかいいよね。
午前中は祭りの準備の手伝いをして、
午後は車で5分の関谷ビーチへレッツゴー!やっぱり夏は海だ!
海に入るとミネラルで体が元気になると思う。
砂浜を裸足で歩くと、
PCや携帯の使用で体内に溜まった電磁波が放出されるらしいし。
新潟の海は砂が黒いから、なんだか真っ黒な海なんだけどね。
テトラポットで囲まれていて、あんまり開放感もないし、
美しい青い海とは違うけれど、これこそが懐かしい私の原風景。
a0160758_1031512.jpg


小さな神社の小さな祭りでも、小学校や中学校の太鼓の演奏があったり
神輿や山車をひいて町中を練り歩いたりもする。
娘も近所の仲良しのTくんと一緒に山車を引いた。
a0160758_10351144.jpg

低学年までは嫌がって歩きたがらなかった娘。
去年からは最後まで余裕で歩いている。
ちゃんと成長してるじゃん。

夜はお神楽。
生演奏の本格的なお神楽。
夜8時過ぎになると再び子どもたちが集まってくる。
クライマックスの大黒様がお菓子を蒔く時間だから。
a0160758_10411839.jpg

小さいときは「怖い、怖い」って私にしがみついていたっけな。
そんなことを思い出したりして。。

祭りは2日間、海にも毎日行った。
ところが祭りが終わった日の夜遅く、カミナリと豪雨がやってきた。
夏によくあるカミナリ雲だし、すぐに雨もやむだろうと思っていたのに。。
次の日も次の日も、激しい雨は降り続いた。
オンボロ神社はあちこち雨漏りが始まった。
庭にどんどん水が溜まって池のようになっている。
あれれ? 観測史上最髙の雨量だって!? マジで?
もはや海へも、日帰り温泉へ行くのも断念。
そんな中、東京に戻る日に父とふたりで話をした。
娘が学校に行っていないこと、それまでの経緯も。
父は、とつとつと、こんなことを話してくれた。
「昔っから学校に合わない子ってのはいたもんだよ。
 親が『そんつぁ学校なんか行かなくたっていいねっか』って言ってやれば
 子どもは自分で考えるもんだよ。」
「今は子どもが覇気がなくなってるなー。
 お父さんが小学生のとき、1年生が先生を追い出したことがあったよ。
 年配の女の先生だったけど、子ども達がみんなでこの先生は嫌だって
 言ってとうとう追い出したんだよ。子どもも強かったんさー」
「子どもっていうのは体も心も一日として休まず成長してるんだから
 どんどん成長していくんだよ。
 一番大事なことは、成長を止めちゃいけないってことだよ」

うん。わかった。
そうだ。私はこんな風に父に育ててもらったんだ。ありがと。

さ、また東京に戻って日常だ。
豪雨はまだ続いていた。
新幹線の窓からの風景は見たこともないような世界だった。
川が増水して大きな木が流されていた。もう少しで氾濫しそう。
大きな天災があまりにも続くことに、何か意味を感じてしまう。
本も読めず、眠ることもできず、心がざわついたまま東京へ戻った。

マーブル、ただいま!
a0160758_11132579.jpg


その後、三条市などで川が氾濫して避難勧告が出ていた。
おうちが浸水してしまった方、亡くなられた方もいたそう。
本当にお見舞い申し上げます。
なんという年なんでしょう。
人類は何か大きな課題を投げかけられているんだろうな。

今朝の3時すぎの地震も大きかった……。
 
[PR]
by momeco | 2011-07-31 11:25 | 日常

更年期障害

なんだかなー。
心臓がドキドキして、動悸っつーの?
で、夜中に汗だくで目が覚めたり、ホットフラッシュっつーの?
んでもって、無性に何に対しても腹が立って、イライラっつーの?
ああ、これはもう、完全に「ザ・更年期障害」だなと思って、
今どきはいろんな対処法があって素敵な中年期を送れるらしいし、
ちょっくら診断してもらってウキウキな中年になろうとたくらんで
友人に紹介してもらった婦人科に行って来た。
問診の様子では更年期っぽいけれど、ドクターは疑っていた。
「だってまだ生理あるんでしょ?」
「ええ、かろうじて」
「じゃあ、違うと思うけどねー」
ということで血液検査。
ホルモン値だの、コレステロール値だの、貧血値だの、、、、
結果、すべて正常値でした!
で、ドクターは
「更年期障害じゃなくて、自律神経失調症かなあ〜」だって。
ガーン!
「まあ、妊娠はしにくくなってるよね〜」だって。
しないっつーの!
なんか、、、更年期障害のほうがよかったなあ。。。。
というわけで、ただのドキドキしてる中年女性のワタシです。。。
[PR]
by momeco | 2011-07-29 22:22 | 日常

集団行動

娘はとても落ち着いている。
朝から晩までずーとやっていたDSも、「やりつくした」と言って、
もう友達が来たときくらいしか開かない。
今は漫画を読んだりDVDでポケモンを見ている。
古本屋で厳選して漫画を選んで、夕べは遅くまで没頭していた。
私は先に失礼して寝てしまった。今までだったら
「いい加減にやめて早く寝なさーい」と言っていたところだけど、
「電気だけ消しといてね」と言って寝た。
娘は12時を過ぎたころ、「もう寝なくちゃ」と言って
歯磨きして着替えて、電気を消して「おやすみー」と言って寝た。
今朝も、私が起きた30分後に「おはよう!」と言って起きてきた。
まず、あいさつが自然に出る。(今まで言わせようとしても言わなかった)
朝は自分で起きる。(今までは何度も起こして不機嫌に起きていた)
すごい変化でしょ。
朝から「ああー、気持ちいい。ママ、大好き!」とか言っちゃうんだから。
これってなんだろうなあって、考えた。
親から信用されている、自分を肯定されているという安心感だと思う。
こうなると、自分の好きなことばっかりやることから一歩すすんで、
私の意見も聞くようになる。
外出も誘ったら行くようになったし、
我慢してほしいことも説明すれば納得することが多くなった。

「集団行動が苦手なのね」と2担に言われたことを検証してみた。
私もそうに違いないと思っていた。
荷物の整理は遅いし、次の行動へ移るのも人より遅れる。
いやなことがあると、我慢出来ずに泣いたり怒ったりするし。
だけど、はたして、本当に苦手?
娘は友達が何人も我が家にきても、自分のペースで遊んでるし、
決して人に流されたり気を使いすぎたりすることもない。
問題なのは、そこに大人が介入したとき。
大人は勝手な都合や先入観やモラルや勘違いで子ども達をジャッジする。
それが納得できないんじゃないだろうか。
子どもは何かで問題が起きた場合には、なんとか子ども同士で解決できるもの。
それが変な方向だとしても、自分たちで解決したことならば納得なんです。
でも、たまに大人の価値観をガチガチに受け継いだ真面目な子どももいたりするけど、
これが嫌だ、私はこっちがいい、そういう思いは言ったほうがいい。
黙って我慢してしまいこんでつき合うことなんかないよね。
それでもね、子ども同士の話し合い(言い合い)でわいわいやり合って、
結局どこに向かうかと言うと、みんなが楽しいほうがいいってことなんだよね。
「だってそっちのほうが楽しいじゃん」って。
楽しいことのためにみんなでちょっとずつ我慢しようよって気分になる。
大人みたいに「我慢しよう」なんて言わなくたって、
「まいっか」という感じかな。だってこっちのほうが楽しそうだもんって。
そういう話し合い、娘はとっても上手です。
だから、それをほっておいてもらえない大人が管理する集団行動には
納得できないんだと思う。
決して集団行動が苦手なんじゃない。
時間通りに、次から次へと、みんなで同じことをやるっていうことが
集団行動だって言うのなら別だけど、
そうじゃないよね。

この夏、娘はキャンプに行く。
「子どものための、子ども中心の」キャンプには、いつもひとりで参加する。
そしてめいっぱい自分らしく楽しんで、のびのびとして自信をつけて帰ってくる。
どちらかというと、集団行動に向いているんじゃないか?と
親バカは思うんです。
a0160758_10581586.jpg

マーブルだって、本当はみんなと遊びたい。
だけど洗濯機の中が気持ちいいんだも〜ん。
[PR]
by momeco | 2011-07-22 11:01 | むすめ

マクドナルドの店員はエライ!

今日も暑い。マーさまものびてる。

a0160758_15522881.jpg


今日から娘は学童のキャンプに行ってる。
2泊3日。秩父の中津川キャンプ場。
OG組で参加だから気楽なのかな。こっちとしては
夕べ地震があったからなんだかもやもやするけど、
無事に帰って来てくれることを祈る。そしていっぱい楽しんでこい!

昨日はまたまたバイトくんに娘を託して打ち合わせへ。
昼過ぎに戻ったので、駅前のマクドナルドで待ち合わせして
バイトくんと高校生のTちゃんと4人でランチ。
こういう異年齢の集まりは好きな娘。
よくしゃべる。ちょっとママを小馬鹿にしながら、笑。
マクドナルドのカウンターでバイトくんのお友達が働いていた。
私は昔友達に聞いたマクドナルドのバイトほど厳しいものはないっていう話をした。マックでバイトすればその後どんなに厳しい職場に行っても屁でもないとその友達は言っていた。
だから偉いよねーって。
そしたら娘が「K先生はマクドナルドの店員さんをバカにしてたよ」って。
えー?!どゆこと?
「同じことを何回も言う人がいて、先生が怒って、あなたはマクドナルドの店員さん?って言った」
もー、んとに!そういうたとえ話いっぱいする先生なんだよね。
よくないなあー。先生に悪気はないんだろうけどさ。
いや、マックのバイトはね、ぜひやったほうがいいよ。ママは無理だけど。

その後、私だけ学校へ行ってカウンセリング。
2週間ぶりの学校。先生たちがみんな「どうしてるー?」って聞いてくる。
「いやあ、楽しく自由にのびのびしてますよー」と答える。
「よかったー。誰にも会わずに引き蘢ってるんじゃないかって心配したのよー」って。
まあ、そういうイメージなんだろうね。
学校に行けなくなった罪悪感でふとんかぶってうじうじしてるとか。
残念ながらどちらかというと、「せいせいしてる」という感じ。
そこまで先生には言えなかったけどね。
カウンセリングでは沖縄のことなどを話し、
昼間の留守番とトイレにひとりで行けないことを克服してほしいんだけどーと相談。
ひとりで留守番は実は私も恐がりなので大嫌いだから娘の気持ちがよーくわかるんだけど、
トイレにはなんとかひとりで行ってもらいたいよね。
漫画棚とか作ったらどうかな〜とかいろいろ雑談をして終了。

廊下で2年生のときの担任のK先生(あれ?こっちもKか。さっきのは3年生のときの担任のK先生。じゃあ、2担任と3担任と表記しようかなー、どうでもいいか)に会ったのでうれしくて、暑い廊下でしばし立ち話。
2年生のときも娘はときどき行き渋ったけど、先生のことは大好きだった。
私も話しやすい。娘の今の状況を話すととても理解してくれた。
ホッとする。
その後、3担に会った。ものすごく汗臭かったよ、やばいと思う。
そして4担がプリントをいっぱい持ってやってきて、夏休みの宿題のことやら行事のことやらを淡々と説明された。やらないと思いますけどねー。
4担はほんとにちょっと話が通じない感じ。
3人とも50代の女性なんだけどね。年齢じゃないんだよ、
人の気持ちがわかる人、思いやれる人。そもそも合う合わないもあるし。

あまりにも2担がいい先生だったせいで、その後の先生にがっかりしちゃうってのもあるかもしれないよね。
私も中1のときの担任がアナーキーな音楽の先生で、その先生のおかげで一気に学校が楽しくなった。先生は生徒たちといろんな遊びを夢中になって一緒にやっちゃうタイプで、よく他の先生に怒られてて、そんなところもみんな大好きだった。
その後はやっぱり真面目な先生ばっかりで面白くなかったなー。
人生の中でいいなと思える先生ってほんの一人か二人いるかいないかだよね。
ただ、その期間たまたま先生になっただけで、
「恩師」とか言わなくちゃいけないの、おかしいね。

それから、娘の小学校は夏休みが始まりは7月21日からでたいていの学校と同じだけど、
8月は25日からもう新学期が始まるの。
夏休みが短いのです。8月の末なんてまだまだ真夏だよ。
かわいそうだよね。子どもなんて夏休みにどんだけ成長するかってとこなのに。
宿題もいっぱいでます。都道府県の場所と名前を全部覚えるんだよ!
私でも無理だわあ。
子どもはすごいな。
娘はどんな夏休みを過ごすのかなあ……。
[PR]
by momeco | 2011-07-16 15:50 | むすめ

新しい日常

沖縄から戻って、またいつものように東京での日々。
私の気持ちもだいぶ変わりましたが、お嬢の様子もまた変わってきました。
去年からの保健室登校の頃はずーっと本ばかり読んで、
一日に9〜10冊くらい読破していた娘でしたが、
それはやっぱりある種の自己防衛の手段だったんだね、
もう学校の呪縛から離れてからは、本は読むけれど、たまにです。
今はDVD見たり、ゲームをしたり、やりたいようにやっている。
私も娘に対して「学校へ行かない問題児」という見方をやめたので、
以前よりもずっと穏やかな状態でいることができる。
前が異常だったんだよね。
考えてみたら保育園の頃からずーっと行きたくなかったんだもんね。
長い長い抵抗だったね。ずーっと訴えてたんだもんね。
私もなんだってこんなに長い間認めてあげられなかったんだろうか。
でもね、葛藤するのよ。親ってやあね。
そんな日々のことを今度まとめてアップするつもり。
あ、別のブログにしようかな。。。
とにかく、
実際、不登校を受け入れてからというもの、
考えもしなかったいろんな出会いがあって
今度は私のほうがずーっと本ばかり読んでいる。
奥地さんの本、シューレの本、FONTEの本、渡辺位さんの本、
サドベリーの本、コルの本、などなど、面白くてはまりまくってる。
目からウロコなんです。本当に!
オルタナティブ教育ってすごく新鮮! 
自分が子どものころに感じてた不満とか、
子育てしながらずーっと腑に落ちなかったこと、
「あれ?」と思いながらも周りに合わせて無理してたこと、
なんかそういうことへの答えというかヒントが「ここにあった!」という感じ。
ああ、そうだ。人ってもっと自由なんだよね。
大人も子どももない。みんな同じく自由なはず。
子どもをもっともっと信頼しなくちゃだよね。
人の自由意志について、何度も真理をのぞいてたはずなのに、
すぐに世間にまみれて忘れてしまうのよ。
おい、大事なこと忘れてるよって、
娘が全身全霊で私に教えてくれたんだなあ。
もう一度池田晶子も全部読み直そう。
ああ、読書バカ!
ずっと読んでいたいのに、すぐに眠くなっちゃうのは年のせい?
ううう。。
[PR]
by momeco | 2011-07-14 22:44 | 日常

沖縄4日目

沖縄は最高気温31度、東京より涼しいです。
日差しは殺人的だけどね。風は気持ちいい。
朝食バイキングは今日は中華。
眺め最高!料理もうまうま!

a0160758_11551393.jpg

のんびりとしてたら、普段のんびり屋の娘に急かされた。
なんか沖縄に来てからのほうが娘がキビキビしている。
昨日も友だちや三枝さんに会ったときに
何も言わなくてもめっちゃきちんと挨拶してたし、中身が違う人?

今日も友だちに車を出してもらってお出かけ。
まずは宗像堂。

a0160758_1155146.jpg


a0160758_11551557.jpg

美味しい天然酵母パンをいただきまーす!

a0160758_11551665.jpg

お店の周りは自然がいっぱい。

a0160758_11551798.jpg


実はここに、沖縄サドベリーというデモクラティックスクールがある。
今回の旅を決めた直後にママ友からの情報で知ったところ。
ネットで調べると、なんだか娘に合いそうなところかもな〜と。
見学の申し込みまではしなかったけれど、どんなところなのか見てみたかったから、連れてきてくれた友人に感謝。
カフェユニゾンの三枝さんに宗像堂のところにあるよと聞いて、
いろんなことがドンドン繋がっているのが怖いくらい。
宗像さんの奥様にサドベリーのお話を聞くこともできた。
今の娘にとってはまだ必要かどうかわからないけど、
たくさんある選択肢のひとつとして、すごくいいな!と思った。

その後国際通りまで送ってもらって、ショッピング。
どうしても欲しい貝殻のペンダントを求めてウロウロ。
急に空が暗くなったと思ったらザーっとスコール!
でも、沖縄の人はほんとに平気。傘なんかささないもんね。
たしかに雨はすぐにあがってまたまたカーッと暑くなる。
へとへとになるまで歩き回ってホテルへ帰る。

夜、幼なじみが部屋に遊びにきて、夜中の3時までしゃべりまくり。
中学の同級生の話から沖縄での暮らしから、子育てのことまで
話しても話してもエンドレスで話せてしまう。

来てよかったなー。沖縄。
明日は飛行機に乗って帰るだけ。
帰ってから、沖縄について考えよう。
このつながりの意味について考えてみよう。
[PR]
by momeco | 2011-07-08 13:27 | 日常

沖縄3日目

朝食バイキングで一日分の野菜と果物をたっぷり摂って、
今日はシュノーケリング。

a0160758_13221660.jpg

ホテルからすぐの海なのに天然の海。
ちょっと潜ると珊瑚礁に綺麗な魚たち。
去年のグアムでは怖いもの知らずだった娘は
なんだかすっかりビビりになっていて、
海の生き物たちにビクビクしまくり。
これも成長の証しなのかな。つまらんな。
ずっと怖いもの知らずってわけにはいかないものね。
午後はホテルのプールで泳ぎ、
夕方に浦添市に疎開してる友だちに迎えに来てもらってカフェユニゾンへ。
沖縄とは思えないオシャレでゆったりとしたカフェで、オーナーの三枝さんといろんな話をさせてもらう。
三枝さんは元CBSソニーの人で8年前くらいに沖縄に移ってきた。
前ちゃんや吉田さんと同期だって。私も同い年。
小学5年と6年の娘さんがいるらしい。
めっちゃいい人だった。
友だちは妊婦で小さな男の子を連れて茅ヶ崎から疎開中。
可愛い盛りの息子くんに胸がキュンとしちゃった。
娘も可愛い可愛いを連発。
久々に玄米ご飯や優しい野菜料理で満足まんぷくな夜でした。
[PR]
by momeco | 2011-07-08 11:54 | 日常

沖縄2日目

お寝坊しました。
娘がなかなか起きなくておなかがすいたので、
「げんまい」というドロドロの沖縄飲料を飲んでみた。
a0160758_224225.jpg

これが、びみょーな味なんだけどあたしは嫌いじゃない。
その後朝食バイキングをたらふく食べて
友達が迎えにきてくれて、ちゅら海水族館へ。
あたしが気に入ったのはウツボ。
a0160758_22471224.jpg

a0160758_22473157.jpg

ニョロニョロみたいなウツボちゃん。
そしてやっぱりコレ。
a0160758_22481786.jpg

あとはやっぱりウミガメがいいね。
話がわかる気がする。なんだかね。
a0160758_2249246.jpg


それにしても沖縄で車に乗っているとほんとに
ここはアメリカ軍の基地の島だなあと思う。
58号線の横片側は永遠に続くほど、どこまで行っても基地なのだ。
青い海だけじゃない、そんな側面にも思いを馳せながら
幼なじみと一日中おしゃべりをした。
わかり合えることもあるし、わかり合えないこともある。
ウミガメから見たらたいしたことのない会話かもね。
[PR]
by momeco | 2011-07-06 22:49 | 日常

沖縄1日目

沖縄に来ています。
いろんな意味で、オキナワに呼ばれた気がして。。
ラグナガーデンホテル。空いていてお得です。
こんなに格安ツアーなのに最上階の角部屋で、ラッキーです。
a0160758_22271727.jpg


早速ホテルのプールで泳ぎ、
a0160758_22281885.jpg


そのままビーチまで行って、
a0160758_22285663.jpg


夜は近くに住んでいる幼なじみの家で夕ご飯をごちそうになった。
旦那さんが作ってくれたソーキそば。ごちそうさまでした!
すぐ裏にキムタクが買ったマンションがあるんだってさー。
へぇ〜。
友達の家には中学生のお兄ちゃんと浪人生のお姉ちゃんがいて、
娘は家にいる以上にくつろいで、楽しんでいた。
でも、またもや鼻血!(朝も東京の自宅で大量の鼻血を出していた)
だいじょうぶかなあ〜。
[PR]
by momeco | 2011-07-06 22:33 | 日常

師匠がみつかりまして……

蒸し蒸ししますなー。
ビールばっかりぐびぐび腹に入ります。
さてさて、娘に師匠ができました。
同級生の友達のお兄ちゃん。中2です。
なんの師匠かと言ったら漫画イラストなんですけど、
まあ、きっと漫画だけじゃなくて他にもグッと娘の心を捉える何かを持ってる男の子(図体はでかい)なんでしょう。
とにかく、師匠の言うことはとーってもよく聞くのです。
毎日イラストを一生懸命に描きまくり、
朝は7時に起きてすぐ描き始め、夜は11時くらいまで描いている。
うまく描けたものは師匠にもらったクリアファイルにファイリング。
(ちなみに今までクリアファイルを使いこなせたことがなかったのでびっくり!)
DSは「師匠がバカになるし、時間のムダだって言ってたから」ということでやってません!
本は「師匠がストーリーの勉強になるから読んだ方がいい」というので、よく読みます。
今いちばん欲しいものはGペンとインクです。
思い込んだら一途ですから。
師匠はすごいなー。
[PR]
by momeco | 2011-07-03 23:29 | むすめ