<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

女の子だわ〜

昨日とうってかわって今日はとっても元気です。
朝から掃除して、仕事して、買い出しして、
ウクレレ練習して、今はひじきと切り干しを煮ています。
やっぱり体が元気じゃないと何も始まらないね。
いや、病気じゃないです。ただの生理痛ですが、なかなかのものでした。
「ママ、せいりって痛いの?」
そろそろそういうことが気になるお年頃です。
ここで変な先入観を与えないようにしなくちゃ。
痛いよーなんて言って恐怖心を植え付けないように。
「大丈夫。ちょっとダルいだけ。たいしたことないよ」
(ほんとはすごくおなかが痛いー、泣)
どこで聞いてきたのやら、
「赤ちゃん産むのって痛いから絶対に産まない」って娘が言うようになった。
これは少子化の原因の一旦らしいよ。
お母さんたちが「痛かった」「大変だった」って言い過ぎなんだって。
そのせいで産みたくない子が多いんだとか。
もっと、「うれしかった」とか「よかった」とか「ふつうだよ」とかって
言ってあげなくちゃね。
昔は6人も7人もみんな産んでたんだからさ。
ひとりやふたり産んだからって出産について語っちゃいけないよね。
大丈夫だよ! だいいち、あんた、帝王切開だから。
あんたのママは出産の痛み知らないから〜〜〜。
おっぱいもけっこうふくらんできたし、どんどん成長しちゃうわね。
巨乳になって、グラビアクイーンになってちょ。
[PR]
by momeco | 2011-08-22 16:06 | 日常

なんにもしない日

ふと、去年の今ごろは何してたっけな? なんて思って、
久々に自分のブログを読み返してみた。
すっごい激動の1年だよ。読んでて疲れたよ、笑。
娘は今ほど太ってなくて、髪の毛が長くてかわいくて、
なぜか夏休み中ずっと逆立ちの練習をしていた。
私の写真はどこにもないけど、きっと1年ですごく老けたと思う。
不登校と、震災と、不景気と、次々と襲ってくる不安。
大波小波を乗り越え乗り越え飲み込まれ、また這い上がり、
時々は底の底へ沈み込んでぐっとエネルギーを貯めてみたり……。
今日はそんな「貯め」の日。
必要最低限のことしかしない非生産的な日。
どよんとした空気の中でどろ〜りと過ごす。
娘が散らかした部屋で、ごろごろとうつらうつらと読書する。
明日からまたちょっと頑張るから。
いろいろ考えなくちゃな。
[PR]
by momeco | 2011-08-21 23:25 | 日常

夏のキャンプ

6泊7日のキャンプから娘が帰って来た。
真っ黒になって、そしてちょっぴりひきしまって、笑。
東京駅で会うなり、ちょっと泣きそうな顔をして、私の胸に顔をうずめる。
「長かった」「帰りたかった」
そんなボヤキをちょっと。
引率の方からは
「ちょっとホームシックになって夜はスタッフと寝たりしましたが、
あとは何もまったく問題ありません!」との報告。
よかったよかった。
一緒に行った同じくらいの年齢の女子たちとは非常にあっさりとお別れした。
友達作りはうまくいかなかったらしい。
ま、そういうときもあるよね。
今回のキャンプは長野の白馬。内容は、
川遊び、ホタル鑑賞、白馬岩岳ゴンドラ、ネイチャーピクニック、魚釣り、いかだ遊び、花火大会、湖でボート、フォトスタンド作り、檜の箸作り、白馬高山植物園でテント宿泊、星の観察、朝のご来光、トレッキング、そば打ち体験、気球体験、ラフティング、カブトムシ探し、万華鏡作り、ピザ作り……、
ものすごい盛りだくさんの内容。
ここのところ家からほとんど出ないでゴロゴロしてた娘にとっては
それはそれは過酷なスケジュールであったに違いない。
帰った直後は「疲れた」「忙しかった」「大変だった」ばかり言っていて、
キャンプの様子もあまり話したがらず、
「もう何もしたくない」とまたゴロゴロ生活に戻ってたけど、
少しずつ、「夏の大三角形はねえ……」とか、「木崎湖に飛び込んだときねえ……」とか
「そばを作るの大変なんだよ、でもおいしかったよ」とか話しだして、
それを私は「うん、うん」って楽しく聞いている。

キャンプに行って、何がどうってわけじゃないけど、
やっぱりちょっと成長してきた気がする。
経験すると子どもはぐんと自信がつくもんね。

あとは私に甘えたいけど、ちょっと甘えるのが恥ずかしいような
そんな気分にもなりつつある。それもお年頃?
まあ、猛暑だし、あまりべたべたくっつく気にもなれないしね。

あ〜、あっつい!!
[PR]
by momeco | 2011-08-15 11:50

イヤなポイント

東京は連日なんだか曇り空で雨がザッと降ったり、
たまに日差しがカーッと照ったりしています。
でも、ジメジメしてるなあ。体がだるおも。
娘はここのところ「フェアリーテイル」っつーアニメにはまっており
一日中そのDVDを見ている。借りてきたものを何度も何度も。
たまに私や娘の友達とプールに行ったり、ちょっとだけ買い物にも行く。
しかし、なんでかなー。女の子なのに買い物きらいなんだよね。
GAPに行って娘の洋服を選んでも、1枚決めたらもう「帰ろう」。
ブラブラ散歩するってのも嫌いだし、
買い物と散歩が好きな私とは趣味が合わないわ〜〜。うう。
何かがイヤなんだろうね。
あとは、テレビ。
ニュース以外は基本的に大好きなんだけど、
ドラマとかで、どーしてもイヤなものがある。
昨日も娘の友達が遊びに来て「ドンキホーテ」の再放送を見てるとき、
娘は急に「音小さくして」と言い出した。
友達は小さくしてくれたんだけど、「もっともっと小さくして」って。
とうとう聞こえないくらいの音量になって。
友達も不満顔。なんで?って聞いても「イヤだから」。
あとでよくよく聞いたら
「うそをついて、それがばれそうになる感じがイヤだ」って。
なるほどねー。そういえば、「ドラえもん」が大嫌いな娘。
のび太がいつもしょうもないことを思いついて、
それが大抵まずいことになって
助けてードラえもん〜となるわけだけど、そういう流れが嫌いらしい。
わからなくもないが、そんなに絶対に拒否だなんて
なんか変なトラウマでもあるのかなあ?
アニメでもドラマでも映画でも、ドキドキ感が頂点に達して「これからいいとこ」
ってところで、いつもブチってテレビを消してしまう娘。
私「ちょっとー、これからってときになにすんのよ!」
娘「いやだ、見たくない。ぜったいにヤだ!」
これってどういうことなんでしょうか?
心理学的に何かありますか? 誰かおしえてくださーい。

なんか、不安なんだろうね。
心に残っちゃうのかな。
敏感なんだよねー。見かけに寄らず。
洋服の肌触りとかタグのちくちく感とかもいやだし、
食べ物も見た目や食感で大抵のものはだめ。

というわけで、毎日同じアニメを何回も何回も見ているわけ。
一緒にいるこっちはまいってしまいます。
いっそのことテレビを消したいんだけれど、
静かなのはもっと怖いんだって。
ラジオもCDも嫌がられる。
ま、そのうち変わるんだろうけど。
[PR]
by momeco | 2011-08-05 11:14