<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

歯医者さん

これはひとつの試練でしょうか。
今、歯医者さんが大きな壁となって彼女の前に立ちはだかっています。
途中まで治療したので、非常に中途半端な状態です。
早く治療しないともっとひどくなってしまうってことは、
本人が一番わかってて、だから頑張ってるんだけど、
どうしても、勇気が出ない。
いや、出るまでに時間がかかる。
1回目は「心の準備をしてから来ます」と言って去り、
2回目は麻酔して半分以上治療できたのに、後半でギブアップ。
3回目は診察室に入れず。
4回目は行かずにキャンセル。
5回目も行かずにキャンセル。
そして昨日は6回目。
歯医者さんまではなんとかたどり着いたものの、ドアの前でかたまる。
……あ、この感じ。
学校に行けなくなった日々を思い出す。
行かなくちゃいけないと思っているのに、足が鉛のように重くて動かない。
顔は無表情で血の気がひいて顔色が悪い。
「無理しなくていいよ。帰ろうか?」と言っても
ううんと頭をふる。
本人だって闘ってる。
ほんのちょっと勇気を出して頑張ればラクになれるってわかってる。
だから、すごく頑張ってる。
ひとりで、黙って、自分の内側にエールを送ってるんだと思う。
ときどきへにゃっとした半端な笑顔で私を見る。
「がんばれる?」
ううんと頭をふる。でも、帰らない。
で、私も少し応援する気持ちで腕をとって診察室に一緒に入る。
診療用椅子に座るものの頭をつけられない。
私の耳元へ顔をうずめて「終わったらゲームソフト買って」って。
一瞬躊躇するものの、
きっと何か自分を鼓舞する出来事が必要なんだろうなと思って、
「わかった。じゃあ頑張ろう」と約束。
大きく息を吸ってはいて、ようやく横になり治療開始。
皮膚の表面麻酔。長い。こんなに長くやるのか。。
そのうち娘が「苦い、痛い」と言い出し、
先生は私に「どうしますか?ここでうがいしたらまた最初からですよ」と
ちょっと厳しい顔で聞く。
そうは言っても娘が嫌がっている。
無理矢理できるわけないじゃないですか。
だいたい「ちょっとでも痛かったら手をあげてね、止めるからね」って
言ってたのがうそになっちゃうじゃない?
「痛がってるのでやめてください」と私。
「次の患者さんが来てしまうので、もう時間がありません」と先生。
ひとりに割り当てられた時間は30分のようだ。
そんなこと、こっちにとっては関係のない話だ。
さっきまで優しかった助手の女の子も無言で冷たい目を向ける。
すごすごと退散する私たち。
でも、娘は次回の予約を入れて欲しいという。
それもなるべく早い日に。
……。治したいんだよね。早くこの状態から抜け出したい気持ちはあるんだよ。う〜む、切ない。
クリニックを出て、そのまま家に帰りたくなかったので、
ドトールでふたりで反省会。
「あの先生なんかずっと無言でプレッシャーかけてくるし、あんまり優しさを感じないんだよね、別のゆっくり診てくれる歯医者さんに変えてみない?」と私が言うと、
「先生はいい人だよ。あの先生がいい」と娘。
「うーん」
「あと1回だけ頑張らせて。ね」
って、どっちが大人なんだかわからない、苦笑。
まあ、あなたがそう言うのなら、私はとことんつきあいます。
こうして冷静に書いてますけど、現場では私もイラッとしたり
怒りたくなったりする気持ちをぐーっと我慢してつきあっているのです。
ふうー、忍耐、忍耐。
[PR]
by momeco | 2012-04-24 10:18 | むすめ

恋をしています♡

どうやら娘さん、恋をしています。
惚れっぽいのは昔からでしたが、
恋愛体質なのでしょうか、笑。
彼が「かわいい」って言うから髪をおろすんだそうです。
明日は彼に会うからトリートメントをして
ストレートアイロンをしてほしいそうです。
これ以上詳しくは申せませんが、母もそっと見守っています。
春っていいなあ〜。
私も恋がしたいなあ〜〜。
[PR]
by momeco | 2012-04-23 22:45 | むすめ

最近のむすめさん

長い長い冬が終わって、冬眠から覚めるように……
我が家の娘も外に出始めた。
別に病んでひきこもってたわけじゃないけれど、
冬は寒いしめんどくさいから家にいたって感じでしょうか。

まずは、私が留守のあいだにひとりで児童館に行ったことに、
ほんとにほんとにびっくり!
(平静を装ってはいたけれど、実は感激してた)
しかも、2日連続ひとりで何気に行ってきた。
以前は送り迎えが必要だったから、すごい進歩!
その後も行きたがっているんだけど、
早い時間に行くと1年生がやってきていろいろ話しかけられるようで、
まだそれをあしらう術を知らない娘は「めんどくさい」と言っている。
だけど、タイミングが合えば気軽に行ける場所ではあるようで、
ほんとによかった。
男子とゾンビしたり、漫画を読んだりしているらしい。

そして、花見に今年は3回行きました。
まずは私の友人の中でも一番セレブな人のおうちのゲストルームで。
20年以上も付き合いのある友人たちの中で、
大人ばかりの集まりだったけど相変わらずマイペースで過ごす娘。
セレブ友人のひとり息子(高2)がめっちゃイケメンでかっこよくて、
その息子くんに果敢に喋りかけて猛アタックする我が娘の姿に、
私も、友人おばちゃまたちもびっくり仰天でしたわよ。
やるな〜。
将来が楽しみだわ〜〜。

次の日は親子で中目黒の目黒川沿いをぶらり。
平日だってのにかなりの人!
おいしいものを食べて、公園で遊んで、
ドンキを流してブックオフで締めるというお気に入りのコース。
去年もこれやった気がするなあ。

翌日は砧公園。
ホームエデュケーション仲間と、お弁当持って本格花見。
見事に咲いた満開の桜の大木に、娘たちも感動してたみたい。
ひらひらと散る花びらを追いかけて喜ぶ様子を見ているだけで
心がなごむ。桜っていいなあ〜。
母たちも解放されて話がつきなくて楽しい。

a0160758_029537.jpg

大縄跳びで身体も思いっきり動かした!

次の日は、恐怖の歯医者さん。
「奥歯に穴があいてるみたい」と娘が自己申告。
3年前に行って治療したことのあるイルカ先生のところへ。
ほんとに大きな虫歯の穴があいているらしい。
「麻酔をして治療します」と言われた娘は
「今日は覚悟してこなかったから別の日にする」と答えたらしい。
一瞬「えー?今日やっちゃえばいいのに」と思ったけど、
それをちゃんと言えた娘をえらいと思い直した。
娘を信じて、次回の予約を入れた。

歯医者さんとの戦いは当分続きそう。
その後一度は行って頑張って麻酔して治療を受けていた娘、
途中で「恐怖感でいっぱいになった」といって中断。
翌日また挑戦したけど、椅子に座っただけで怖くなって退散。
でも、「次はたぶん大丈夫だから」って。
すごいねー、偉いよね。がんばってる。
私なんかずーっと歯医者さん避けてるもんね(内緒だけど)。
娘のこと、尊敬しちゃいます。

次の日はフリースクールの横浜サロンに参加。
今までは年上のお兄さんに甘えて遊んでもらっていた娘、
この日は小学生女子が3人いて、その中では自分が一番年上。
なんとなーく微妙に一緒に遊んでいた模様。
母たちは相変わらず話題が満載で時間はあっという間に過ぎて行く……。
ここに来る度に新しい出会いがあって、いろんな不安や心配から
少しずつ解放されるような気がする。
どんな専門家や偉い先生なんかより、経験者のお母さん達の言葉が
一番説得力があるんだよなあ〜。
誰も何も否定しない、迷いながらも子供を信じて頑張る仲間。
素敵なお母さん達と可愛い子供たちばかり。ほんと。

そしてもうひとつ娘の新たな挑戦。
突然に「バトンがやりたい」と言い出した娘。
「バトンやってみたい、誰かに教えてもらいたい」
おお!わかったぜい!母は調べて体験レッスンに申し込み。
早速行ってきましたー!
ちょっとイメージとは違ったみたいで、入会はしなかったものの、
別のバトン教室の体験も行ってみると言ってるし、
何よりも、「やってみたい!」「教えてもらいたい!」っていう
娘の気持ちがうれしいなー。
やってみたことはどんどんやってみようね。
違うかな?と思ったら次に行けばいいんだから。
どんどんいろんなことやってみようよ。
なんだってやってみなきゃわかんないもんね。


あとは「漫画喫茶」っていうものを初体験!
娘は即効気に入って、毎日行きたいって言ってるけど、
漫画読んでゴロゴロしてるだけなら家でも一緒じゃん!と母は思ってしまうのでした。
ちがうのかな〜。

そんな感じで、今まで苦手だった外食もつき合ってくれるようになったし
ストレス発散にカラオケで歌いまくったり、
一気に外に出まくってる4月なのでしたー。

(そのせいか、私は腰を傷めてしまいました。今日は針治療。。
年なので無理はできませんですなー)
[PR]
by momeco | 2012-04-18 01:07 | むすめ

ゲシュタルトの祈り

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。
私は何もあなたの期待に応えるためにこの世に生きているわけじゃない。
そして、あなたも私の期待に応えるためにこの世にいるわけじゃない。
私は私。あなたはあなた。
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

      ……「ゲシュタルトの祈り」より

子供に対してだけじゃなく、どんな人に対しても、
ついジャッジしたり、先回りして応えたり、抑え込もうとしそうになったとき、
逆に、自分がジャッジされたり抑圧されて落ち込んでしまいそうなとき、
この言葉を心にとめておこう。
忘れちゃいそうになったらここに戻って来ようと思う。

a0160758_184476.jpg

[PR]
by momeco | 2012-04-17 18:04

留守番じょうず

「赤いコーンで囲まれたものにはさわらないでね」
夕べ遅く娘が寝る前に言い残した言葉。
朝になって見てみたら、確かにコーンに囲まれていた……。
a0160758_9162140.jpg

なんだろう、これは……?

今週は月曜日から金曜日までずっと仕事で朝から晩まで出かけた。
娘が家にいるようになってから、留守番がいちばんの悩みだった。
家のトイレにひとりで入れないくらいの恐がりやさんで、
留守番はとーっても苦手。
で、バイトくんを頼んだりしていたのだけれど、
今回は思い切って、ひとりで留守番してもらうことに。
朝、寝ている娘に置き手紙をして、朝ご飯と昼ご飯の用意をして出かける。
「何かあったら電話してね」って言っておいたけど、
結局、電話があったのは1回だけ。毎日ご機嫌で留守番できたのでしたー!
毎日家に帰ると部屋が尋常じゃないくらいに散らかっていて、一瞬たじろぐものの、
娘本人が留守番を満喫していたんだなあという様子がそこに見れたので、
こみあげてくる怒りをぐっとこらえて笑顔を作ったりして、笑。
さすがに部屋が模様替えしてあった日は驚いたけど。
ソファを自分の机の前に持ってきて、ふとんをのせて、
たぶん一日中ソファで寝っ転がりながらパソコンでアニメ見てたんだろうなあ。
夜一緒にお風呂に入りながら「今日は何してたの?」と聞いても
「ないしょ」って教えてくれない。
でも、ニコニコご機嫌だし、トイレもひとりで行けてるみたいだし、
本当によかったー!!
木曜日に仕事場に電話が来て「○○ちゃんと遊びに行っていい?」って。
お!外に出る気になったなー。行っといで、行っといでー。
でも家に帰ったら娘は出かけていなくて、「行かなかったの?」と聞くと
「これから行くんだよー」とか言ってるし。
いやいや、もう7時だからね。……どんだけゆっくり時間やねん!?
金曜日は仕事が早く終わったので、いそいそと家に帰ってみたら、
玄関の鍵が開いている! 
ドアを開けると電気つけっぱなしで、誰もいない。
え?どこに行ったの?
鍵もケータイも持ってないのでどうにもならず家で待つ。
6時過ぎに、汗だくで帰宅。児童館に行ってたらしい。
おおーー!! よっしゃー!
この日は学校の始業式で、クラス替えや担任の発表があった。
児童館で会った友達にその話を聞いてきたようで、
「みんな同じクラスだった。先生は和田センセだった」って
ちょっとうれしそうに言っていた。
「じゃあどうする?学校」
「うーん……」
「大丈夫だよ、誰も行きなさいとか言わないから」
「うん(笑顔)」

金曜日の夜中にテーブルの上にメモがあった。
うすーい黄緑のペンで見えないくらいの文字で
「ママ、おいていかないで」って書いてあった。
土曜日の朝にゆっくりしていたら起きてきた娘が
「あ、ママ、いてくれたんだね」って。
なんか、きゃわい〜なぁって思っちゃった。
でもってまた児童館に遊びに行ってしまった。

夜おふとんの中でいちゃついてたとき、「ん?太った?」って思った。
この1週間でまたひとまわり大きくなった気がする(横に)。
「だから児童館で運動しまくってるんだよ〜」だって。
そうだったのか。一応気にして努力してたのねー。ふふふ。
でも、児童館から帰ってきた娘はおにぎり4〜5個を食べて
さらにパスタを大盛りっていうくらいの食欲で……。
まあ、いいんじゃないか。ぷくぷくほっぺでも。ね。
私的には、なんか、ひと山超えてほっとした〜。

「子どもはひとりで留守番をしているときに成長する」
ってどこかで読んだけど、
ほんとだなーって思ったのでした。
[PR]
by momeco | 2012-04-08 09:58 | 日常